伊勢原版 掲載号:2017年3月10日号

益城町に支援金 社会

伊勢原市商工会青年部

益城町の青木部長(左)と水野さん
益城町の青木部長(左)と水野さん
 伊勢原市商工会青年部(多田弘典部長)は2月21日から23日の日程で熊本県に視察研修を行った。視察では同県益城町を訪れ、益城町商工会青年部に熊本地震の支援金を手渡した。

 この支援金は、伊勢原市商工会青年部が昨年8月に実施した「大納涼まつり」内の熊本地震復興支援ブースの売上金7万2600円。まつり実行委員会が地震の発生を受けて、少しでも支援できればと企画したもの。当日は実行委員長の水野直己さんから、同商工会青年部の青木博幸部長に支援金が手渡された。

 研修には12人の会員が参加。熊本県内をはじめ福岡県なども視察。実際に街を見た水野さんは「潰れてしまった家も多くあり、復興はまだまだのようでした。支援金が何かの役にたってくれれば」と話す。

関連記事powered by weblio


伊勢原版のローカルニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

伊勢原版の関連リンク

あっとほーむデスク

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年6月23日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/