伊勢原版 掲載号:2017年3月10日号
  • googleplus
  • LINE

ドライブ観光に期待 社会

JAFと観光協定を締結

締結式のようす
締結式のようす
 伊勢原市はこのほど、JAF(一般社団法人日本自動車連盟)神奈川支部と地域社会の発展を目的とした観光協定「ドライブツーリズムを活用した観光振興に関する協定」を締結した。

 JAFには現在、全国約1850万人が会員登録している。今回の協定を結ぶことで、会員ネットワークを活用した観光情報が発信され、自動車での観光客増加が期待できるという。

 2月21日に伊勢原市役所で行われた協定締結式では、高山松太郎市長とJAF神奈川支部の川喜田大明事務所長が協定書の交換を行った。川喜田事務所長は「地域の活性化はJAFの基本理念。特産品や観光地を会員に紹介していきたい」とコメント。高山市長は「今後は新東名高速道路も開通し、自動車での観光客も増加するだろう。活性化につながれば」と話した。

関連記事powered by weblio


伊勢原版のローカルニュース最新6件

伊勢原版の関連リンク

あっとほーむデスク

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月13日号

お問い合わせ

外部リンク