伊勢原版 掲載号:2017年8月11日号
  • googleplus
  • LINE

「米沢の魅力発信したい」

経済

宮脇さんが観光大使就任

公募型で観光大使に就任した宮脇さん(米沢駅構内で8月7日に撮影)
公募型で観光大使に就任した宮脇さん(米沢駅構内で8月7日に撮影)
 山形県米沢市の魅力をPRする「おしょうしな観光大使」に、伊勢原市東大竹在住の宮脇昇一郎さん(32)が8月1日付で就任した。

 宮脇さんは厚木市山際の「レストラン栗の里厚木店」で店長を務めている。同店では米沢牛などを使ったメニューを商品化して14年ほど前から提供。米沢に親しみを感じ、魅力を伝えたいと、公募型の大使に自ら応募した。宮脇さんは厚木市観光振興推進委員会の委員も務めている。

 「おしょうしな」とは米沢の方言で「ありがとう」の意味。観光大使はダニエル・カールさんや五大路子さんなど、市が依頼して就任してもらう「依頼型」と、「公募型」、米沢市と同じ姓や屋号の持ち主に委嘱する「米澤型」の3種類がある。

 宮脇さんは「米沢の人しか知らないもの、ゆかりのあるものをメニューにして、店から食文化を発信していきたい」と話した。

関連記事powered by weblio


伊勢原版のローカルニュース最新6件

伊勢原版の関連リンク

あっとほーむデスク

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月20日号

お問い合わせ

外部リンク