伊勢原版 掲載号:2017年9月8日号
  • googleplus
  • LINE

神輿が大山を登る阿夫利神社で秋季例大祭

文化

行列がこま参道を練り歩く
行列がこま参道を練り歩く
 伝統行事のひとつとして江戸時代から続く大山阿夫利神社(目黒仁宮司)の秋季例大祭は8月29日、同神社社務局から大山中腹の下社へ神様を戻す還幸祭・通称「おのぼり」が行われ、今年も幕を閉じた。

 同大祭は、夏山を終えた大山で秋の豊作を願い行われるもので、130年以上の歴史があるとされる。

 27日に下社から男坂を下ってきた(通称「おくだり」)神輿は、大山6町を巡り社務局へ。メーンとなる2日目には社務局で倭舞・巫子舞の奉納などが行われた。

 最終日となるこの日、大山阿夫利神社の神様をのせた神輿は午後1時過ぎに社務局を出発。100人以上にもなる行列と共にこま参道を通過し、そのまま男坂を登りきり下社へと帰っていった。

伊勢原版のローカルニュース最新6件

伊勢原版の関連リンク

あっとほーむデスク

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

18日にイルミ点灯式

ダイカン(株)でイルミネーション

18日にイルミ点灯式

11月18日~12月25日

伊勢原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク