伊勢原版 掲載号:2017年11月17日号
  • googleplus
  • LINE

紅葉狩りにゴジラも一役 18日からライトアップも

社会

色づき始めた大山の木々(13日撮影)
色づき始めた大山の木々(13日撮影)
 2016年に「大山詣り」が日本遺産に認定され、ますます観光客で賑わう大山に紅葉シーズンが到来。毎年紅葉狩りに10万人超が訪れる中、明日11月18日(土)からは秋の風物詩として人気のライトアップも行われる。

 大山寺開山1250年を記念して始まり、今年で13年目を迎える紅葉ライトアップ。18日(土)から26日(日)までの9日間、大山阿夫利神社下社と大山寺の2カ所で行われる。

 期間中は灯りに照らされた幻想的な紅葉と、ミシュラン・グリーン・ガイド・ジャポンに紹介された美しい夜景を同時に堪能できる。またライトアップに合わせて大山ケーブルカーが延長運転される(平日は午後7時、土・日・祝日は午後8時まで)。夜間運行時は車内の照明が落とされ4色の光に彩られた沿線の木々や、眼下に広がる幻想的な夜景が楽しめる。

映画とタイアップ

 大山では12月10日(日)までGODZILLA攻略キャンペーンを開催中。これは、11月17日(金)公開の映画「GODZILLA怪獣惑星」の舞台が2万年後の丹沢・大山エリアであることから小田急電鉄株式会社が実施しているもの。現在の大山を映画の舞台に見立て、ゴジラに関する様々な体験を通して映画の世界が堪能できる催しになっている。

 期間中は、ゴジラの背びれのようにご飯が盛られた「ゴジラ・カレー」やゴジラの焼き印が押された「ゴジラ・まんじゅう」が数量限定で販売されている。さらに大山寺で行うことができる「かわらけ投げ」の的である福輪の下にゴジラの的を設置。18日から26日の日没後は阿夫利神社下社の階段にゴジラの姿が投影される。平日午後6時45分、土・日・祝日は7時45分まで。ほかにもゴジラオリジナルご朱印帳の販売やスマートフォンを使うデジタルスタンプラリーなども開催中。

 臨時駐車場は11月26日までの土・日・祝日に大山小学校、大山バイパス沿い、雨岳文庫山口家前、18日と19日のみ山王中学校が無料で開放される。市商工観光課では「混雑が予想されますので公共交通機関のご利用を。大山の紅葉をぜひご堪能下さい」と話している。

 問い合わせは市商工観光課/【電話】0463・94・4711へ。

伊勢原版のトップニュース最新6件

伊勢原版の関連リンク

あっとほーむデスク

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

星まつり

星まつり

12月22日 大山寺

12月22日~12月22日

伊勢原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月15日号

お問い合わせ

外部リンク