綾瀬版 掲載号:2016年12月2日号

綾瀬・寒川入れ替え対応へ 経済

衆院選新たな区割り案

 神奈川県は、首相の諮問機関「衆議院議員選挙区画定審議会(区割り審)」に、知事意見として県内9選挙区の改正案を提出した。これによると現在、大和・海老名・座間市とともに13区を形成する綾瀬市は、新たに藤沢市とともに12区を形成するという変更に。結果的に綾瀬市と寒川町が入れ替わる形となっている。

 区割りの見直しは、いわゆる「一票の格差問題」で、一番小さい県の一番小さい選挙区(現在は鳥取県1区)の2倍を超えないよう調整するためのもの。2015年の国勢調査と、2020年の見込み人口を元に区割りが検討される。区割りは10年ごとに見直される見通しで、今回は緊急是正的な見直しになるという。

 現在の13区の2020年想定人口は57万1088人と見積もられており、これは現7区(都筑区・港北区)に次ぐ県内2番目の多さ。これを是正するため、12・13区で隣接する人口約4万8千人の寒川町と約8万4千人の綾瀬市を入れ替える方策を取ったとみられる。

 県選挙管理委員会によると、綾瀬市は藤沢市と交通のつながりがあり、寒川町は海老名市と川や地形、鉄道など社会的かつ生活圏がつながっているとし、地域性も考慮された結果とのこと。

現場の混乱懸念

 県は区割り審への知事意見書提出に先立ち、対象自治体へのアンケートを行っている。

 これに対し、綾瀬市は「13区の4市は行政・地勢・交通の結び付きが相互に強く、歴史的にも旧高座郡の時代から続き、現在に至っている。改定案作成に当たり、4市の結び付きを十分考慮頂きたい」とした上で、「やむを得ず区割りを行う場合は、混乱を招かぬよう市域をわけることのないよう願いたい」と回答した。

 13区選出の甘利明衆議院議員は「一票の格差是正の必要性はもちろん理解しているが、50万規模の選挙区で2〜3万の調整のたびに自治体入れ替えはいかがなものか。既存の広域行政の枠組みからも自治体に戸惑いを与えてしまう。毎回、市がくっついたり離れたりしないためのいい知恵はないものか」と話した。

関連記事powered by weblio


綾瀬版のトップニュース最新6件

綾瀬版の関連リンク

あっとほーむデスク

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年8月11日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/