綾瀬版 掲載号:2017年3月10日号
  • googleplus
  • LINE

「お味はいかが?」「かながわ鶏」試食会

経済

参加者全員で試食
参加者全員で試食

 県内初の肉用鶏を紹介する企画が2月17日、中央公民館で催された。

 企画は「今年の干支は『酉』!!新名産かながわ鶏を堪能だ!!」と題し、4回目となる市民交流カフェの中で行われた。

 当日は、県産ブランドとして昨年誕生した「かながわ鶏」の現状についての紹介と試食が行われた。ブロイラーの倍近い90日以上かけて飼育されるかながわ鶏を試食した参加者からは「ちょっと硬い」「歯ごたえがあるので、煮込み料理に向いているのでは」などの感想や意見が出た。

 現在「かながわ鶏」が食せるのは、神奈川中央養鶏農協内(愛川町)の直売所のみ。
 

綾瀬の特産であるカーボンプレートで焼いたかながわ鶏
綾瀬の特産であるカーボンプレートで焼いたかながわ鶏

綾瀬版のローカルニュース最新6件

綾瀬版の関連リンク

あっとほーむデスク

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク