綾瀬版 掲載号:2017年3月10日号

日本ジュニア室内陸上競技大会の女子走り高跳びで優勝した

中村 紗華さん

小園在住 17歳

逆境プラスに自分超える

 ○…大阪城ホールで開催された国内唯一の室内大会「日本ジュニア室内陸上競技大阪大会」の女子走り高跳びで174cmの自己ベストを出し、日本一に輝いた。「全国で一番は初めてです」と満面の笑み。「いつもは周りを気にして精神的に左右されてしまうことが多いのですが、今回は集中して自分の戦いができました。ベストも出せたし、今までの自分を超える事ができたのが嬉しい」と語る。

 ○…昨年10月の日本ユース大会で踏切側の足首を怪我し、2カ月間、思うような練習ができなかった。今大会は上手く調整が出来ず臨むことになったが、それが逆に今までにない集中力を生んだ。いつもなら気になってしまう他選手のプレーが目に入らず、飛んだらすぐ次の準備に専心できたという。また、故障中の練習では筋トレに重点を置いたことで足りていなかった筋力強化に繋がるなど、心身ともに得たものは大きい。

 ○…伊志田高校の2年生。陸上は城山中時代から続けている。3歳の頃に習っていたクラシックバレエでは飛ぶ振付けが好きで、自然と跳躍競技を選んだ。初めて結果が出たのは、中3の県総体。初優勝を経験し、陸上に真摯に向かい合うようになったという。「今の顧問の先生との出会いも、大きいです。技術だけでなく生活態度など気持ちの面も指導してくださるので、いい意味で変わったと言われるようになりました」と感謝を滲ませる。

 ○…趣味は小学生から続けている書道。部活の疲れを癒す息抜きになっているそう。「墨の香りが好きで」と屈託なく笑うが、陸上の話になると一転、「大学まで続けると決めています」と真剣な眼差しに。まずは、予選落ちし涙を飲んだインターハイでの雪辱戦。別種目の三段跳びと合わせ、二冠を狙う。「誰が見てもいい陸上生活だったと思えるよう、悔いが残らないようにしたい。目指すは東京オリンピックです」。若い瞳は、世界を見据える。

関連記事powered by weblio


綾瀬版の人物風土記最新6件

武田 匡央さん

市商工会青年部花火大会の運営委員長を務める

武田 匡央さん

8月4日号

野口 直亮さん

「ネイチャーシップ2017」を実施する綾瀬青年会議所(JC)未来創造委員会の委員長を務める

野口 直亮さん

7月21日号

石渡 真修さん

tvk番組「猫のひたいほどワイド」の火曜レギュラーとして「猫の手も借り隊」レッドを務める

石渡 真修さん

7月7日号

池田 雄一さん

神奈川県社会福祉士会県央支部の支部長に就任した

池田 雄一さん

6月23日号

鈴木 正美さん

(公社)全日本不動産協会神奈川県本部県央支部の支部長に就任した

鈴木 正美さん

6月9日号

岸井 千恵子さん

6月3日に新曲「哀愁のロマン」の発表会をオークラフロンティアホテル海老名で行う

岸井 千恵子さん

5月12日号

綾瀬版の関連リンク

あっとほーむデスク

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年8月11日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/