綾瀬版 掲載号:2017年4月21日号
  • googleplus
  • LINE

交通事故ゼロを願い関係団体らが啓発運動

社会

 大和警察署と大和綾瀬交通安全協会ら関係団体などが4月10日、綾瀬タウンヒルズショッピングセンターなどで交通安全キャンペーンを行った=写真。

 これは、4月6日から15日にかけて行われた「春の全国交通安全運動」に合わせ実施された。交通安全協会、交通安全母の会、交通指導員をはじめ、警察OBで組織される「警親会」、奉仕団体である綾瀬ロータリークラブと綾瀬春日ロータリークラブ、神奈中やヤマト運輸なども参加した。

 この日、市役所南側に集まった参加者らに、主催する交通安全対策協議会長を務める古塩政由市長があいさつ。「登下校に慣れていない新入生の見守りをお願いします」と話した。

 その後、市役所バスロータリーやタウンヒルズ、保健センターに分かれ、反射材の付いたリュックや注意喚起チラシを入れた啓発物の配布を行った。

 綾瀬市では2年以上事故件数ゼロが続いていたが、今年に入り高齢者の横断中の死亡事故が2件発生している。
 

綾瀬版のローカルニュース最新6件

綾瀬版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク