綾瀬版 掲載号:2017年9月8日号
  • googleplus
  • LINE

大和警察署五輪に備え官民タッグテロ等対策協議会発足

社会

県警の五輪担当から警備情勢などが紹介された
県警の五輪担当から警備情勢などが紹介された
 大和警察署は、2020年の東京オリンピック・パラリンピックなどの大規模イベントを控え、テロや大規模災害に備え関係機関との連携強化を目的に、「大和警察署テロ等対策協議会」を発足した。

 協議会には、警察の外郭団体の他、行政、基地関係、自治会、公共交通機関、報道機関など29の団体が参加。8月29日には第1回目となる会合が大和警察署で開かれた。協議会の会長には警察官友の会会長の古郡保正さんが、副会長には大和市危機管理課長の小俣達也さんと綾瀬市危機管理課長の峯山哲夫さんが就いた。古郡会長は「これだけ他業種が集まる会は中々ない。お互い情報交換し、横の連携を密にしながら五輪に備えた体制作りにつなげていければ」と挨拶した。

 この日は、東京五輪に関する警備情勢やサイバー攻撃について神奈川県警本部の担当者が講演。「注意喚起の輪を広げてほしい」と訴えた。

挨拶する古郡会長
挨拶する古郡会長

綾瀬版のローカルニュース最新6件

観光ボランティア組織 一堂に

献血活動が表彰

青会青年部

献血活動が表彰

11月17日号

ワンポイントでより美しく

地域活性の方向探る

撮影手法プロに学ぶ

台風に負けず大盛況

30年続く文化祭 寺尾南自治会

台風に負けず大盛況

11月17日号

綾瀬版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク