綾瀬版 掲載号:2017年11月3日号
  • googleplus
  • LINE

選挙区・”野党共闘”でも及ばず比例・希望、立民ともに前回の民主党上回る

政治

 小選挙区での甘利氏の得票率は、6割を超えた前回(2014年、60・47%)には及ばないものの56%を超える高いもの。市内だけを見ると60・9%と2回続けて60%を超えた。甘利氏が減らした票が太、岡崎両氏に流れたが、過半数を超えることはなく、仮に「野党共闘」が実現し、候補者を一本化しても、ゆるぎない結果となった。

 一方、比例区では3年前の総選挙と同じ政党名で届け出た主な政党は、得票を軒並み減らしている。共産党は、候補者の得票が微増したにもかかわらず、比例では3割近く減少した。

 今回の選挙で新しく立ち上がった「希望の党」、「立憲民主党」は、どちらも前回の民主党の得票を上回った。両党を合わせると自民党を僅差で上回る得票を集めており、市内では一定の評価を得たものの、票が割れ、議席獲得には反映されない皮肉な結果となった。

綾瀬版のローカルニュース最新6件

綾瀬版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク