愛川・清川版 掲載号:2012年7月6日号

愛川メガソーラー事業

県が企業体と契約を締結

愛川メガソーラーのイメージ(県提供)
愛川メガソーラーのイメージ(県提供)

 神奈川県は6月26日、かながわスマートエネルギー構想の一環として進めている愛川メガソーラー事業のついて、飛島建設(株)、合同電気工事(株)、(株)ケンモチ電機からなる共同企業体と契約を結んだと発表した。

 契約金額は、6億3988万2390円。最大出力は1891キロワットで、初年度の年間発電量は約188万キロワットアワーを見込んでいる。契約については、14の企業体から技術提案書の提出があり、第一次審査で7企業体に絞られ、最終審査ヒアリングが行われていた。今後設計・施工に入り、2013年4月から運転を予定している。また、あわせて募集していた命名権は飛島建設(株)が獲得。愛称は「愛川ソーラーパーク”さんてらすTOBISHIMA”」に決まった。金額は年間170万円(税込)で、期間は運転開始年度から5年間。
 

愛川・清川版のローカルニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

愛川・清川版の関連リンク

あっとほーむデスク

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

2011年6月以前の旧厚木・愛川・清川版バックナンバーは、「厚木版」のページからご覧ください。

外部リンク