愛川・清川版 掲載号:2014年7月4日号

*数字で見る町長選*

投票率大幅上昇も50%は届かず 政治

愛川町長選の開票作業
愛川町長選の開票作業

 今回は町長、副町長不在という異例の事態を立て直す選挙だった。6月16日に厚木青年会議所が主催した「公開討論会」はほぼ満員状態になるなど、選挙前には住民の関心の高さがうかがえた。しかし蓋を開ければ投票率は47・39%。前回より13・85ポイント上昇し、山田元町長が2選を果たした2005年の投票率も上回ったが、半数以上は投票していない。少子高齢化、産業・観光振興、交通政策、介護・医療など様ざまな課題がある。棄権者には理由があるだろうが、町政を担う首長を決める選挙としては寂しく、数字だけを見れば、有権者の関心を集めきれなかったと言える。 

 投票率を投票区ごとにみると第1投票区(川北・宮本)が最も高く51・64%だった。一方最も低かったのは、第9投票区(上熊坂)で34・08%。さらに地区ごとにみると愛川地区(川北・宮本・原臼・両向・細野・田代)は当日有権者数9117人に対し、4145人が投票。高峰地区(角田・三増・箕輪・小沢)は同4062人に対し1777人。そして中津地区(春日台・大塚・六倉・上熊坂・下谷八菅山・熊坂・二井坂・半縄・坂本・桜台・桜台団地)は同19256人に対し7115人。地区ごとに有権者数は違い、率の比較が全てではないが、中津地区の投票率が低かった。
 

愛川・清川版のローカルニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

愛川・清川版の関連リンク

あっとほーむデスク

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年4月21日号

お問い合わせ

2011年6月以前の旧厚木・愛川・清川版バックナンバーは、「厚木版」のページからご覧ください。

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/