愛川・清川版 掲載号:2017年2月24日号
  • googleplus
  • LINE

市町村対抗かながわ駅伝第6区で区間2位を記録した 苅田 広野さん 愛川町半原在住 21歳

謙虚な心で粘り強く

 ○…町村の部優勝を引き寄せる原動力となった第6区。政令市など選手層の厚い強豪を抑え、区間2位の力走を見せた。2月19日に行われるロードレースに向け1日40Kmの厳しい練習に取り組んでいるなかでの大会だったため、「疲れが残ってしまい元気よく走れなかった。もっとタイムを稼げたはず」と記録に慢心せず、更なる上を見据える。

 ○…今年は「小学生の頃からずっと夢だった」という箱根駅伝にも出場。昨年の夏に膝を故障し、一時は監督から「箱根は諦めろ」と言われたが、「自分を試しているんだろう」と粘り強く回復に努めた。約1カ月練習を離れたブランクを取り戻し、大会当日は「今までで一番調子よく走れた」と満面の笑み。来年は予選会から勝ち上がらなくてはいけないが「予選会20Kmを60分切る」ことを目標に、日々の練習に励む。

 ○…半原小、愛川中と地元で育ち、高校は光明学園相模原高校へ。練習は厳しかったが、「成長を実感することが多く、強い所に行って良かった」と振り返る。現在は拓殖大学3年生。就職も見据える時期だが、近年は実業団チームも環境が厳しい。「自分の実力とも相談しながら、いろいろなところを見て、しっかり選んでいきたい。ずっと陸上で食べてはいけませんから」と、最近の若者らしく、あくまで謙虚、堅実だ。

 ○…家族は両親と姉の4人。現在は調布市の寮に暮らし、実家に戻るのは年に3回程度だという。今年は箱根に始まり、町一周駅伝、かながわ駅伝と活躍が続いた。1月18日の誕生日には、両親から「年明けから楽しませてくれてありがとう」とメールが届いた。「陸上という自分のわがままにつき合ってくれて、こちらこそ『ありがとう』です」と目を細める。趣味はスニーカー集め。コツコツお金を貯め、最新かどうかよりも、惚れ込んだデザインを選ぶ。「型落ちして半値になるのをじっくり待ったり」。こんなところも堅実だ。

愛川・清川版の人物風土記最新6件

冨田 茂子さん

秋の明治神宮献詠短歌大会で「入選」に選ばれた

冨田 茂子さん

12月1日号

沼田 彰さん

中津川仙台下クラブの代表を務める

沼田 彰さん

11月17日号

池田 倫子さん

野鳥ガイドツアーの講師を務める

池田 倫子さん

11月3日号

井上 幾雄さん

愛川町吟詠連盟の会長を務める

井上 幾雄さん

10月20日号

清水 昭人さん

9月4日に厚木警察署長に着任した

清水 昭人さん

9月22日号

平田 秀琴さん(本名・平田明美さん)

秀琴書道会を主宰する

平田 秀琴さん(本名・平田明美さん)

9月8日号

愛川・清川版の関連リンク

あっとほーむデスク

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月1日号

お問い合わせ

2011年6月以前の旧厚木・愛川・清川版バックナンバーは、「厚木版」のページからご覧ください。

外部リンク