愛川・清川版 掲載号:2017年3月10日号

2016年度厚木土木事務所ボランティア表彰を受賞した

野毛 義一さん

清川村煤ヶ谷在住 75歳

ボランティアで毎日健康

 ○…清川村と厚木市を繋ぐ県道60号線などで、路肩の除草やガードレール清掃を15年続けている。2月23日には神奈川県厚木土木事務所からボランティア表彰を受賞した。「綺麗になった道や白くなったガードレールを見ると気持ちいい。体を動かすことで健康にも良いし、自己満足だよ」と謙遜するが、過去には県や村から表彰を受けたこともあり、飾られた表彰状たちが地道な活動の功績を物語る。

 ○…60歳から始めたボランティア。「定年になってやることがない。草むしりならできるから」と軽い気持ちで始めたが、今や「雨が降らなきゃほぼ毎日」というほどのライフワークに。主要交通路だけに大型車も多く、時には風圧で体が煽られることもある。除草や落ち葉清掃は、まさに自然とのいたちごっこ。大風の後は排水口が詰まることも。「最近は体力が落ちてガス欠になる」と、一日の作業量を少なくしているが、「明日はここをやろうとか、予定を決めるとそれが楽しみになる」とほほ笑む。

 ○…厚木市出身。相模川での魚捕りに夢中になるなど、のびのびと育った。社会人になってからは伊勢原市にある鈑金加工機械メーカーの(株)アマダで25年勤務した。主に塗装を担当し、鉄の塊を洗浄して油を落とし、下塗り、上塗りと丁寧な作業が求められた。「この経験がガードレール磨きにつながっているのかも」と笑う。1976年に清川に移り住み、40年以上。「空気もきれいで良い所。『住めば都』だよ」と村暮らしの魅力を語る。

 ○…夫人との間に2男1女に恵まれ、孫も3人。家族も健康自慢だという。近年は村の郵便局前の彼岸花整備や、地域サロンなどでの折り紙指導など、ボランティア活動の幅が広がっている。「教えて、相手が喜んでくれるとこちらも嬉しいよね」と柔和な表情に。「体の動く限り、続けていきたい」。喜んでくれる人の笑顔を糧に、地道な貢献は今日も続く。

関連記事powered by weblio


愛川・清川版の人物風土記最新6件

榎本 照夫さん

蚕と桑の保存活動を続けている

榎本 照夫さん

8月4日号

和田 久さん

6月27日に宮ヶ瀬ダム周辺振興財団第8代理事長に就任した

和田 久さん

7月7日号

高橋 庸(いさお)さん

5月25日付で一般社団法人厚木歯科医師会の会長に就任した

高橋 庸(いさお)さん

6月23日号

新井 紗耶香さん

5月21日の箱根ランフェス2017「三国峠ラン7・5km女子」で1位を獲得した

新井 紗耶香さん

6月9日号

笹原 和織(わおり)さん

清川村議会第38代議長に就任した

笹原 和織(わおり)さん

5月26日号

大泉 政治さん

県央経営者会の会長を務める

大泉 政治さん

5月12日号

愛川・清川版の関連リンク

あっとほーむデスク

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年8月4日号

お問い合わせ

2011年6月以前の旧厚木・愛川・清川版バックナンバーは、「厚木版」のページからご覧ください。

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/