愛川・清川版 掲載号:2017年3月10日号

犠牲者ゼロ目指し 社会

高齢者宅に防火訪問

防火指導の様子
防火指導の様子

 愛川町消防本部が3月1日、愛川町内の一人暮らし高齢者宅の防火訪問を実施した。

 この日は、愛川町危険物安全協会、愛川液化ガス協同組合、愛川町消防職員ら22人が町内の一人暮らし高齢者26世帯を訪問。

 火災になり得る要因は無いか確認するとともに、火気器具などの使用状況を確認して防火指導を行った。

 各訪問先では、ガスコンロの点検、消火器やガス漏れ警報器の設置状況、石油ストーブの使用状況、灯油の管理方法などを確認し、防災面では家具の転倒防止金具、懐中電灯の設置状況の確認を行うとともに、住宅用火災警報器が未設置の世帯には設置を促す説明を行った。

 町消防本部では「住宅火災で亡くなられる方の多くは65歳以上の高齢者であり、その原因は逃げ遅れが最も多い。今後も少子高齢化が進むことから、このような戸別の防火訪問を継続していくことで、一人暮らし高齢者に『安全・安心』を提供し、暮らしやすい町づくりを推進していきたい」と話す。
 

愛川・清川版のローカルニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

愛川・清川版の関連リンク

あっとほーむデスク

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年5月12日号

お問い合わせ

2011年6月以前の旧厚木・愛川・清川版バックナンバーは、「厚木版」のページからご覧ください。

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/