愛川・清川版 掲載号:2017年11月3日号
  • googleplus
  • LINE

心肺蘇生法を体験小学校でBLS授業

教育

胸骨圧迫を体験する児童ら
胸骨圧迫を体験する児童ら
 高峰小学校で10月30日、一時的救命処置講習(BLS授業)が行われた。

 愛川町では、消防署と協力して同講座を毎年行っている。対象は町内全小学校の6年生で、心肺蘇生法を通して命の大切さを学ぶとともに、救命のために自分たちができることを知ることが目的。

 同校での講座には児童26人が参加。消防職員から解説を受けた児童たちは、実際に心肺蘇生法などを体験したほか、「胸骨圧迫は大変だけれど、頑張れば人の命を助けられるかも知れない」「万が一の時は、自分だけで何とかしようとせずに助けを呼ぶことも大切」など、救急現場での心構えなども教わった。また、万が一を想定したロールプレイも行われた。

愛川・清川版のローカルニュース最新6件

愛川・清川版の関連リンク

あっとほーむデスク

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

2011年6月以前の旧厚木・愛川・清川版バックナンバーは、「厚木版」のページからご覧ください。

外部リンク