横須賀版 掲載号:2017年2月17日号
  • googleplus
  • LINE

満願寺住職で「禅の坊さんもぼやく。そして学ぶ。」を上梓した

永井 宗直さん

岩戸在住 53歳

心をゆるめる禅の教え

 ○…「50代に向けた禅語の応えを」と編集者からの提案に、1年がかりでまとめた。今月上梓した「禅の坊さんもぼやく。そして学ぶ。」では自身を振り返り、本音もぽつり。”禅ブーム”と言われる中で、その心持ちを分かりやすく語る。

 ○…お寺の次男で、仏教系の大学に進学したものの、モトクロスに夢中になっていた。進むべく道に悩んでいた時に出会ったのが、手塚治虫の『ブッダ』。仏教は「死んだ人のためにある」と思っていたが、「生き方を示すもの」と気付かされた。視点が変わると一気に関心が深まり、卒業後は京都の天龍寺で修行に身を投じた。座禅では足の痛さに堪え、先輩には雑巾の絞り方で叱られ―日課に追われる中で”禅”の気付きを学び、3年間の濃密な時が過ぎた。著書には「失恋を癒してくれたのも座禅だった」と、正直な心模様も表す。かつては、人見知りだったが、「考えすぎの性格で。でも修行当時、関西弁でいじられて、挨拶や言葉を返すのも楽になっていた」と笑う。

 ○…満願寺を訪れたのは、建長寺の教学部に勤めて20年ほど経った頃。当時、檀家はたった3軒、元来は鎌倉時代に由緒がある禅寺。「観音さま」の存在に後ろ髪を引かれ、再興に力を注いだ。「芝との追いかけっこだった」と苦難もあれど、「丁寧な暮らし、ゆったりとした学びの場ができた」と振り返る。感謝しているのは寺を盛り立てようと、境内の掃除など重労働にも手を携えてくれた地域の人々。心の「拠り所」になっていることを嬉しく思う。趣味の釣りで出会う人たちも「姿勢やマナーが気持ちいい」と一言。「まだまだ周囲に学ぶことが多い」と襟を正す。

 ○…毎月の座禅会では若い世代の人も増えているという。「善悪や損得、執着心やネガティブな考えをどう収めるか。受け入れる、与えるという側にシフトすると、心がゆるむでしょ」と柔和な笑顔を見せた。

関連記事powered by weblio


横須賀版の人物風土記最新6件

富澤 喜美枝さん

横須賀建築探偵団の代表で今月14日、「万代会館を寿ぐ」と題した催しを行う

富澤 喜美枝さん

10月13日号

渡邊 達徳さん

今月7日、ヨコスカ・ベイサイド・ポケットでソロリサイタルを催す

渡邊 達徳さん

10月6日号

大澤 貴行さん

VRの伝道師として市内初のVRカフェをプロデュースする

大澤 貴行さん

9月29日号

古敷谷 亮さん

今夏の男子ソフトボール世界選手権で日本代表メンバーとして戦った

古敷谷 亮さん

9月22日号

梶ヶ谷 美香さん

「劇団FREEDOM」代表で、今週末に青少年会館で公演を行う

梶ヶ谷 美香さん

9月15日号

荻原 佑介さん

県立海洋科学高校教諭で、国内初の高校生水中ホッケーチームを立ち上げた

荻原 佑介さん

9月8日号

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月13日号

お問い合わせ

外部リンク