横須賀版 掲載号:2017年2月17日号
  • googleplus
  • LINE

法人会

身近な大人が先生に 教育

小学校で租税教室

 子どもたちが税の役割や意義を学ぶ「租税教室」が

市内9の小学校で行われた。横須賀法人会青年部会のメンバーが講師を務めた。

 9日の長浦小の回では、コンビニ経営者の桜井健さん=写真=が6年生を対象に各国の消費税率や税の種類などを解説。教育費として児童1人に毎月7万円の税金が使われていることなどを伝え、公共物や備品を丁寧に扱うことを説明した。同法人会の釜谷正行事務局長は「税がどんなところで生かされているのか。身近な大人が話すことで関心を持ってもらえる」と取り組みの意義を話した。

関連記事powered by weblio


横須賀版のローカルニュース最新6件

「魅力」とはオリジナリティ

青年八日会

「魅力」とはオリジナリティ

10月13日号

アイデア詰まった一皿

ピザコンテスト

アイデア詰まった一皿

10月13日号

空っぽの池 何がいた

光の丘水辺公園

空っぽの池 何がいた

10月13日号

洗練された造形表現

「特集:岡本健彦」 所蔵品展

洗練された造形表現

10月13日号

夜の博物館を探検

うわまちハロウィン

夜の博物館を探検

10月13日号

おもちゃを手術

おもちゃを手術

10月13日号

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月13日号

お問い合わせ

外部リンク