横須賀版 掲載号:2017年3月10日号

よこすか・やすらぎの会

がん治療「正しい知識を」 社会

 がんケアと在宅看取りに取り組む市民団体「よこすか・やすらぎの会」では、毎月第3日曜日に「がん何でも相談会」を開いている(直近では3月19日に実施)。がん治療についての疑問や悩みの相談に医師・看護師・がんを克服した元患者が輪番制で応じている。

 同会では「がん治療は正しい知識の入手が大切」としており、積極的な情報開示に努めている。気軽なセカンドオピニオンとしても利用可能。がん患者の心と身体の痛み、苦しみを取り除く緩和医療の推進にも力を注いでおり、多面的な視点でアドバイスがもらえる。

 会場は総合福祉会館(本町2の1)。午前10時開始で相談は先着3人まで。1人45分間、費用は3000円。事前予約制で1週間前までに申し込みを行う。

 連絡は同会の一柳さん【電話】046・897・5561

在宅看取りシンポ

 3月18日(土)には、高齢者の増加で死亡者数も急増する「多死社会」を考えるシンポジウムを開く。尊厳ある終末を自宅で迎えるための本音の論議を行う。午後2時から4時。会場は西逸見町のウェルシティ市民プラザ第1学習室。入場自由。

横須賀版のローカルニュース最新6件

ため池を訪ねて歩いて

横須賀「水と環境」研究会

ため池を訪ねて歩いて

3月24日号

「空き家改修体験」で集客

逗子を満喫する2日間

音楽にグルメ、講座など多彩

逗子を満喫する2日間

3月24日号

港町で楽しむ街歩き

三浦三崎をぐるぐる

港町で楽しむ街歩き

3月24日号

五輪メダリストが集結

柔道

五輪メダリストが集結

3月24日号

写真の作品世界に迫る

文化会館で「七人展」 セルゲイ草柳さん囲み

写真の作品世界に迫る

3月24日号

チケット発売中

稀勢の里 19年ぶり日本人横綱誕生!

http://sunrisetokyo.com/schedule/detail.cgi?id=1173

<PR>

関連記事(ベータ版)

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年3月24日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/