横須賀版 掲載号:2017年3月17日号
  • googleplus
  • LINE

御霊神社(佐原)

半世紀ぶりに幟旗(のぼりばた)掲出 文化

今月26日の祈年祭で披露

支柱も合わせた旗の高さは約15mで市内最大規模
支柱も合わせた旗の高さは約15mで市内最大規模

 佐原の御霊神社に眠っていた2枚組の巨大幟旗が3月26日(日)に行われる祈年祭に合わせて、約50年ぶりに日の目を浴びる。幟旗には明治15年に製作されたことが記されており、幅1・2m、長さは12・5m。白髭神社(野比)にあるものなどと並び、市内でも有数の大きさと歴史を誇る。白地の布には「奉献御福前」の文字が染め抜かれており、その下には同神社の祭神、鎌倉権五郎景政と思われる人物などが描かれている。

 明治期から祭事の際には必ずあげられていたこの幟旗。しかしその大きさゆえ、掲出には多くの人手が必要で、1960年ごろから徐々に機会を減らしていったという。

 約半世紀が経った昨年、神社内の本宮を整理していた地元住民が幟旗を発見。保存状態も良好で、町内会の若手を中心に復活させようと機運が高まった。町内に寄付を呼びかけた所、4分の1にあたる約250世帯から計170万円が集まり、鳥居前の階段下にポールを設置。付近にあった電柱や電線を移動させるなど、大規模な工事なども行った。

 石川宏町内会長は「若い人には大きさや歴史を、昔から住んでいる人には懐かしさを感じてもらえれば」と話している。

 当日は祈年祭が午前10時から始まり、終了後の11時頃から披露式が行われる。
 

関連記事powered by weblio


横須賀版のローカルニュース最新6件

「魅力」とはオリジナリティ

青年八日会

「魅力」とはオリジナリティ

10月13日号

アイデア詰まった一皿

ピザコンテスト

アイデア詰まった一皿

10月13日号

空っぽの池 何がいた

光の丘水辺公園

空っぽの池 何がいた

10月13日号

洗練された造形表現

「特集:岡本健彦」 所蔵品展

洗練された造形表現

10月13日号

夜の博物館を探検

うわまちハロウィン

夜の博物館を探検

10月13日号

おもちゃを手術

おもちゃを手術

10月13日号

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月13日号

お問い合わせ

外部リンク