横須賀版 掲載号:2017年3月17日号

「佐島観光親善大使」を自ら名乗って活動する

則竹 栄子さん

佐島出身 

佐島「愛」を発信力に

 ○…「観光親善大使」の名刺と共に差し出されたのが、貝のアクセサリー。「佐島の美しい自然が永遠に続きますように」と直筆のカードも添えられていた。「育ててもらった街に恩返ししたい」―と自ら”大使”を名乗り、発信を続ける。

 ○…父親は佐島で代々続く漁師で、食卓に上がるのは新鮮な魚介と母親の育てた野菜。幼少時の遊び場は近隣の砂浜―生粋の「佐島っ子」だ。「離れがたくて、ここに住んでいなければ、と少し意地になっていたかも」。婚礼やホテルの仕事に就き、一人暮らしで一旦は市外に出たが転職し、再び実家へ。「深夜、仕事帰りに目に入るのは、出港する漁船の灯り。海面に光が瞬いて、漁師町の”エレクトリカルパレード”と呼んでいた」と、その景色も心の支えになっていた。

 ○…結婚で再び佐島を離れ、横浜に移り住んだのが6年前の3月。直後に発生した東日本大震災。津波被災地の様子が、佐島と重なった。「自分が帰る場所はあるのか」と胸のざわつきを抑えられなかった。ようやく生活が落ち着き、関心を持ったのが食の分野。隣市なのに、横須賀産の野菜や魚介に巡り合えない。「佐島の食材が恋しい」と地元への愛がより強まっていた。「食だけでなく、景観や自然の恵み、漁師町の歴史や文化を伝えて佐島を応援したい」と、大使を初めて名乗ったのは2014年の海道ウォークイベント。たすきを自作し、練り歩いた。

 ○…学生時代はおとなしい性格。恥ずかしさがなかった訳ではないが、やってみたら周囲もその想いを理解して応援してくれた。父親には「観光客を呼ぶような場所ではない」と言われたが「観光とは土地の光(宝)を見ること」という持論がある。宝はこの街そのもの。小さい頃から聞いていた御船歌もその一つ。鑑賞イベントも企画した。「地元を離れた私だからできること。自分の立ち位置に、ようやく自信が持てるようになりました」

横須賀版の人物風土記最新6件

古賀 正一さん

サンボ競技の元世界王者で、市のレスリング協会発足などにも携わった

古賀 正一さん

3月24日号

鈴木 波央子さん

全国大会に出場する私立緑ヶ丘女子高校新体操部の顧問を務める

鈴木 波央子さん

3月10日号

ストラーン 久美子さん

アマチュア写真家として「土門拳文化賞」を受賞した

ストラーン 久美子さん

3月3日号

山田 望美さん

ソプラノ歌手として活動する

山田 望美さん

2月24日号

永井 宗直さん

満願寺住職で「禅の坊さんもぼやく。そして学ぶ。」を上梓した

永井 宗直さん

2月17日号

立谷 央麗(ひさり)さん

全日本高校デザイン・イラスト展で経済産業大臣賞(全国2位)を受賞した

立谷 央麗(ひさり)さん

2月10日号

チケット発売中

稀勢の里 19年ぶり日本人横綱誕生!

http://sunrisetokyo.com/schedule/detail.cgi?id=1173

<PR>

関連記事(ベータ版)

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年3月24日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/