横須賀版 掲載号:2017年3月17日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

高齢者の骨折 寝たきりになる危険も取材協力/ゆたか整形外科

 「高齢者が転倒すると約1割が骨折の危険があるとされ、特に股関節周囲骨折の場合は寝たきりになるリスクが高く、認知症や死亡率の悪化に繋がることも知られています」と、ゆたか整形外科の川名院長は話す。

 データによると、お年寄りの転倒事故は、畳やフローリングで滑ったり、物にぶつかったり、階段から落ちるなど住宅内が約6割を占め、特に高齢者が骨折しやすいのは、肩・背骨・手首・股の4つの部位。中でも股関節(大腿骨)を骨折すると、痛みで歩けないために寝たきりになる可能性が高まるという。

 骨折してしまった場合は手術による治療が主体になるが、骨折部位や状況により治療法は異なる。

 川名院長は「高齢になると骨の強度が低下し、特に女性は骨粗鬆症にかかりやすいため、骨折する危険性が高まります。まずは生活環境を整理し転倒の要因を減らしたり、早期に適切な骨粗鬆症治療を行い骨質を高めて骨折を未然に防ぐ一方、もし骨折してしまった場合は、早期発見・治療が重要になるので、できるだけ早く専門医に診てもらってください」と話している。

ゆたか整形外科

横須賀市大滝町1-9共立ビル5階

TEL:046-825-5507

http://yutaka-seikei.com

横須賀版のピックアップ(PR)最新6件

「一度見たら、住みたくなる」

家計に優しい最新技術の家

「一度見たら、住みたくなる」

11月17日号

受験通して本当の「学び」指導

不動産売却に強み

ウスイホーム

不動産売却に強み

11月17日号

販売招待券利用で2人目半額

佐野天然温泉・のぼり雲

販売招待券利用で2人目半額

11月17日号

1球5円「地域最安値」

湘南衣笠ゴルフ

1球5円「地域最安値」

11月10日号

「ドライマウス」の症状を解説

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク