横須賀版 掲載号:2017年4月14日号

逸見駅近くに活動発信拠点を開設した「コロボックルの会」会長を務める

金子 浩吉さん

西逸見在住 75歳

拠点でつながる歴史と自然

 ○…塚山公園の廃材や竹を用いた”小屋”は、まさに「コロボックルシリーズ」に出てきそうな雰囲気。逸見駅近くに地元の自然・歴史、三浦按針や逸見出身の佐藤さとるさんの著作に関連した発信拠点を設けた。

 ○…会の結成は昨年秋。自身は塚山公園保存会のボランティアで整備に携わり、ガイドを買って出る日々。さらには、按針の業績や魅力に触れて「うんと勉強した」。地域で活動する仲間たちの得意分野も、同様に多種多様。「地元の大きな柱として据えられるものはないか」と思案した時に”コロボックル”が浮かんだ。ファンタジーの名作に影響を与えた、この街の自然環境。逸見ならではの特色を発信したい―と、年末から拠点づくりに着手。会員の倉庫を借り、メンバーの手作業で完成させた。「佐藤さんの世界をうまく解釈できたかな」。病床を見舞い、会員が描いた里山の地図にはサインももらった。残念ながら、お披露目に立ち会うことは叶わなかったが、「晩年に会えてよかった。物語を通すと、山が違って見えるんだよ。足もとに小人がいるかもって」

 ○…逸見駅に初めて降り立ったのは今から40年以上前。ホームから見えた星空と静寂感、そして澄んだ空気―「この景色に惚れた」と一言。結婚を機に越してきたが、当時の勤務先は銀座の中心地。電車を下りながら小さな町に帰るのも、案外心地よかった。「外から来た者だったからこそ、その価値を客観的に見ることができた」。縁あって暮らしている街。「多くの魅力ある”点”を”面”にして大きく広げていきたい」と気持ちを新たにする。

 ○…半日で既に歩数計は8500。「山や坂を歩くだけ。病気知らずだよ」とニッコリ。この時期の塚山は桜が代表的だが、アマナなど稀少な草花も群生する。ガイドを通して「今日は来てよかった、儲かったと思ってもらいたい」。そう話すとひと休みして、再び山へ向かっていった。

横須賀版の人物風土記最新6件

和田 信一さん

池上4丁目に子ども支援の常設拠点「みちおやの家」を開設する

和田 信一さん

4月21日号

高橋 弘二さん

三浦半島のため池を調査して、冊子にまとめた

高橋 弘二さん

4月7日号

古賀 正一さん

サンボ競技の元世界王者で、市のレスリング協会発足などにも携わった

古賀 正一さん

3月24日号

則竹 栄子さん

「佐島観光親善大使」を自ら名乗って活動する

則竹 栄子さん

3月17日号

鈴木 波央子さん

全国大会に出場する私立緑ヶ丘女子高校新体操部の顧問を務める

鈴木 波央子さん

3月10日号

ストラーン 久美子さん

アマチュア写真家として「土門拳文化賞」を受賞した

ストラーン 久美子さん

3月3日号

関連記事(ベータ版)

横須賀版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

新緑の森と三浦歴史散策

新緑の森と三浦歴史散策

5月28日、ガイドツアー

5月28日~5月28日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年4月21日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/