横須賀版 掲載号:2017年4月28日号

子ども教室

放課後に学習支援 教育

荻野小で試行実施

 横須賀市は放課後の児童対策事業として、6月から市立荻野小学校で「子ども教室」を試行実施する。宿題や読書などの学習支援を主とした事業で、専門スタッフを配置。市は、試行の状況を見ながら拡充を進める方向だという。

 子どもが安心・安全に過ごせる居場所として、国の「放課後子ども総合プラン」では、学校施設の活用を進めている。市内では現在、鷹取・鶴久保・津久井小学校で「わいわいスクール」として、放課後の”遊びの場”を提供している。

 荻野小で始まる新規事業「放課後子ども教室」は、全児童を対象に学習支援に軸足を置いたもの。教員免許を有するスタッフを配置し、開設時間は午後4時半まで。保護者の費用負担は基本的になく、学校への迎えの必要はない。

 現在、市が委託事業者の選定を行っており、担当者は「安全・安心の居場所提供が前提。預かりが目的ではない」と話す。同小学校には施設内に放課後児童クラブ(学童保育)もあり、これと連携した国の目指す「一体型」の事例としても検証。同校の実施状況を見ながら、試行校を増やしていく考えだ。

「学力向上」を優先

 市では学力向上放課後教室サポートティーチャーを全校配置しており、退職教員などが個別に指導を行う。他には、コミュニティセンターで「土曜寺子屋」を展開。学習習慣の定着を目指したものだが、これに「子ども教室」を加えると、学力向上を主軸にした事業が重複することになる。

 先月の市議会教育福祉常任委員会では「学習支援という枠組みを固めすぎると行きづらくなるのでは」「似たような事業が重なっており、本当のニーズを捉えられているのか」「新たな事業が加わり、学校施設の負担が大きくなるのでは」と懸念を示す意見もあった。

学童保育のニーズ拡大も

 放課後の居場所に関しては、共働きやひとり親世帯の児童が放課後に過ごす「学童保育」が市内に62カ所ある(4月現在)。ビルの一室や民家などを借りて運営している学童が多く、近年では学校内での設置も増えている。

 昨年まで「わいわいスクール」があった小学校では、社会福祉法人が学童保育を開設。”居場所”のニーズ拡大に対応しているが、施設運営に関わる保護者の保育料負担は平均して月1〜2万円。「利用料が高く通えない」「通える場所に学童がない」などの新たな待機児童も生まれている。
 

関連記事powered by weblio


横須賀版のトップニュース最新6件

分譲マンション 11月着工

横須賀警察署跡地

分譲マンション 11月着工

8月18日号

「支援の輪」広がれ

チャリティーミュージカル

「支援の輪」広がれ

8月18日号

運慶作品「地域で知って」

撤去進むも、豪雨に懸念

平作川不法係留

撤去進むも、豪雨に懸念

8月11日号

「体験」を売り物に

扇子畑プロジェクト

「体験」を売り物に

8月4日号

日本人初の表彰台

ワールドゲームズアーチェリー

日本人初の表彰台

8月4日号

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年8月18日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/