横須賀版 掲載号:2017年5月12日号
  • googleplus
  • LINE

三浦学苑サッカー部県初制覇 冴えた鉄壁守備4試合でわずか1失点

スポーツ

決勝戦は座間高校相手に2-0で完勝
決勝戦は座間高校相手に2-0で完勝
 関東高校サッカー大会につながる県予選決勝が今月7日、平塚のスタジアムで行われ、三浦学苑高校が優勝を果たした。創部37年目で初の県大会制覇。チームは1都7県の代表が出場する関東大会でも躍進を目指す。

6月から関東大会へ

 関東大会は夏のインターハイ、冬の選手権と並ぶ主要大会の1つで今回はその予選を兼ねた県大会。全国や関東に県2位などで出場経験のある同校だが、県優勝は初めてとなる。枝村隼人監督は「勝ち進むごとに集団として戦うことが出来るようになっていった」と振り返る。同校はシードでベスト16から登場。初戦を1対0で勝利したが「内容が悪かった」と枝村監督。相手は前半のうちに退場者を出したにも関わらず、低調な試合運びで追加点を奪えなかった。試合後監督や選手で話し合いを重ね「県制覇」の目標を再度確認。気持ちを切り替え、準々決勝以降は気合いの入ったプレーを見せた。

 チーム最大の特徴は強固な守備陣。今大会も4試合を戦って失点したのは1点のみ。キャプテンの猪俣主真選手(3年)が指示を出しながらDFラインをまとめて、長井中出身の山田虎之介選手(3年)が180センチの長身、身体能力を活かして攻撃を弾き返す。猪俣選手は「チームとして連動した守備が出来ている」と手応えを掴んで6月からの関東大会に臨む。

新グラウンド効果も

 守備の連係向上の要因に選手が口を揃えて話すのが3月から使用している佐島の丘の新グラウンド。これまで同校内のコートのピッチサイズは正規の3分の2程度の大きさで、細かいプレーの上達につながる一方、DFの連携は、練習と試合でずれを感じることがあったという。「佐島のフルピッチでの練習だとイメージをそのまま試合で出せる」と選手らは利点を語る。同グラウンドはサッカー専用でクラブハウス付き。同校関係者は「全国的に見てもこれ以上の施設はほとんどない」と充実した環境に胸を張っている。

横須賀版のトップニュース最新6件

収穫体験 戦跡見学の二枚看板

西浦賀の砲台跡

収穫体験 戦跡見学の二枚看板

11月17日号

「ポケモン」探して未病改善

「海の玄関口」集客の拠点に

久里浜港

「海の玄関口」集客の拠点に

11月10日号

「テレワーク」で業務効率化

商工会議所

「テレワーク」で業務効率化

11月10日号

寄生虫研究で県知事賞

学生科学賞

寄生虫研究で県知事賞

11月3日号

 空き家活用し地域交流

追浜

空き家活用し地域交流

11月3日号

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク