横須賀版 掲載号:2017年8月4日号
  • googleplus
  • LINE

扇子畑プロジェクト

「体験」を売り物に

社会

農業と観光つなぐ新事業

段々畑が扇子のように広がる。場所はJAよこすか葉山本店の裏手
段々畑が扇子のように広がる。場所はJAよこすか葉山本店の裏手

 農業と観光をつなぐ「グリーンツーリズム」のコンセプトを持ち込んだ地域活性の取り組みが、市内林の農地で動き出している。「扇子畑(せんすばた)プロジェクト」と題したもので、地元の里山再生などを手掛けるNPO法人「三浦半島生物多様性保全」代表の天白牧夫さんが中心となって進めている。事業の柱としていくのがオーダーメイド型の農業体験。地元の風土や気候に適した野菜や果物の栽培、収穫を楽しみながらその場で調理できるようにする。加工商品の開発などにも挑む。関係機関との調整を図りながら、8月末から段階的にオープンしていく。

里山で収益事業

 「扇子畑」は段々畑が扇子のように広がる古くからの農地。約7000平方メートルの広さがある。所有者が高齢化を理由に農業から離れようとしていた折に、天白さんが土地の利用を申し出た。

 これまで天白さんのNPO法人では、耕作放棄された谷戸の水田復元や里山再生を数々手掛けている。今回は新たに農業生産法人を立ち上げて、収益化を図りながら里山保全を行っていく。

 すでに旅行会社とのタイアップでツアー企画が進行中だ。当面は農業体験の機会提供を柱としていくが、ジビエ料理やピザづくりなどのメニューを増やしていく。将来的には茅葺のコテージを建てて宿泊を受け入れることも計画している。

 「高質な郷土体験を売り物にしていく。『環境共存型』の休暇という新しい概念の普及もめざしていく」と天白さんは意気込みを話した。
 

関連記事powered by weblio


横須賀版のトップニュース最新6件

「ごみ屋敷」対策に条例

横須賀市議会

「ごみ屋敷」対策に条例

10月20日号

WEBで仕事情報

横須賀市

WEBで仕事情報

10月20日号

デザインでまちを動かせ

1万人が神輿で隊列

賑わい企画で機運醸成

浦賀奉行所開設300周年

賑わい企画で機運醸成

10月6日号

運慶仏収蔵庫を改修

浄楽寺

運慶仏収蔵庫を改修

10月6日号

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

空気に重さはある?

空気に重さはある?

「科学の鉄人」実験ショー

11月18日~11月18日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月20日号

お問い合わせ

外部リンク