横須賀版 掲載号:2017年8月11日号
  • googleplus
  • LINE

平作川不法係留

撤去進むも、豪雨に懸念 社会

最大540隻が80隻に減少

2015年撮影時(上)と現在の様子
2015年撮影時(上)と現在の様子
 長年に渡ってプレジャーボートが不法に係留されている平作川で、自主・強制撤去が進み、多い時で540隻あった船が、現在は80隻にまで減少。県の取組が一定の成果を上げている。ただ、近年増加しているゲリラ豪雨による河川の増水は、船の流出事故にもつながりかねないため、早期の撤去が望まれる。

 以前から常態化していた不法係留船の問題。1996年度の調査で540隻を確認。以来、船の所有者に自主撤去を促す案内書の送付やマリーナの利用を呼び掛けてきたが、これに応じる所有者は少ない。こうした状況下で、県土木事務所では、2008年度から不法係留対策の周知、自主撤去の促進、強制撤去の3つを柱とする活動を展開。今年3月の調査では80隻にまで減少し、現在、森崎橋から梅田橋の間の係留船は完全撤去されている。県は、今年度内の係留船ゼロを目指す。

 撤去にかかる費用は1隻あたり100万円程度(廃船費含む)。暫定係留期間として定められていた2015年3月以降は、強制撤去した船の所有者に費用負担を請求。しかし「ほとんどの所有者は請求に応じないのが実情。廃船費用も含め公費で賄われている」と担当者はこぼす。昨年度強制撤去されたボートは9隻で、そのうち請求に応じたのは1隻だけだという。

 今月1日に発生した集中豪雨では京急横須賀中央駅、汐入駅が水没し、周辺の道路も冠水するなどの被害が出た。今後、同じような大雨が平作川周辺に降った場合、水位が上昇し船の流出事故が発生する可能性も十分に考えられる。過去には1974年、81年に発生した集中豪雨によって、周辺7000戸が床下床上浸水し、土手の改修工事を行った歴史もある。

 内川町内会の小関和雄会長は「以前より改善されている。この調子で、大きな事故が起こる前に早期撤去してもらいたい」と話した。

関連記事powered by weblio


横須賀版のトップニュース最新6件

デザインでまちを動かせ

1万人が神輿で隊列

賑わい企画で機運醸成

浦賀奉行所開設300周年

賑わい企画で機運醸成

10月6日号

運慶仏収蔵庫を改修

浄楽寺

運慶仏収蔵庫を改修

10月6日号

「夏島延伸」実現に前進

国道357号

「夏島延伸」実現に前進

9月29日号

谷戸の「空き家」活用に光

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月13日号

お問い合わせ

外部リンク