横須賀版 掲載号:2017年10月6日号
  • googleplus
  • LINE

今月7日、ヨコスカ・ベイサイド・ポケットでソロリサイタルを催す

渡邊 達徳さん

衣笠栄町在住 24歳

自分の”音”で魅力伝え

 ○…音楽教室で耳にしたヴァイオリン。「自分もこんな音色を奏でてみたい」と楽器を手にしたのが小1の時。数カ月も経たずして初めて上がった発表会のステージは、ヨコスカ・ベイサイド・ポケットだった。それから約15年。「ここの開演ブザーを聞くと、いつも気が引き締まる」。地元での大舞台は次のステップに向けた集大成。周囲への感謝の気持ちも込める。

 ○…「ヴァイオリニストとして歩みたい」と決意したのは、中学校に入る前だった。それ以降、何よりも音楽が最優先の日々。東京音楽大学では、技術の研鑽に加え、オーケストラとの共演やアンサンブルなど、活動の場を自ら切り開いてきた。演奏家として目指す姿は「どのジャンルでも弾きこなせる高い技術を持ったプレイヤー」。プロとして歩み始め、その意を改めて心に据え直した。柔和な雰囲気をまとい、「弦を振る姿に、ステージがぱっと明るくなる」とファン層も広がりつつある。

 ○…ソロリサイタルは、更なる飛躍の一歩。「自分の”音”を残していきたい」。選曲やアレンジにも自らの世界観を散りばめた。現在はソロや室内楽に留まらず、テレビやCM・PVのほか、音楽教室ではレッスンも受け持つ。市外での活動が多くなった分、横須賀での演奏に思い入れは深い。これまで磨いてきた技術と経験を、ステージで恩返しする―「帰る場所があるのは嬉しいこと」と笑みを見せる。

 ○…市内での演奏会で主に伴奏を担当するのは、ピアニストでもある母親。「いちばんしっくりくる。今回も敢えて、母にお願いした」。これに対し、「息子というよりも仲間。楽しいし、多くの事を学ばせてもらっている」と尊敬しあう間柄だ。数々のコンサート企画を通して、地元の音楽家との絆も芽生えた。「演奏を聴きに来て、横須賀の街をもっと知ってもらいたい」。音楽を介した出会いが広がることを期待している。

関連記事powered by weblio


横須賀版の人物風土記最新6件

富澤 喜美枝さん

横須賀建築探偵団の代表で今月14日、「万代会館を寿ぐ」と題した催しを行う

富澤 喜美枝さん

10月13日号

大澤 貴行さん

VRの伝道師として市内初のVRカフェをプロデュースする

大澤 貴行さん

9月29日号

古敷谷 亮さん

今夏の男子ソフトボール世界選手権で日本代表メンバーとして戦った

古敷谷 亮さん

9月22日号

梶ヶ谷 美香さん

「劇団FREEDOM」代表で、今週末に青少年会館で公演を行う

梶ヶ谷 美香さん

9月15日号

荻原 佑介さん

県立海洋科学高校教諭で、国内初の高校生水中ホッケーチームを立ち上げた

荻原 佑介さん

9月8日号

森 経隆(つねたか)さん

県内中小企業の発展を支援する「かながわ産業Navi大賞」で特別賞を受賞した

森 経隆(つねたか)さん

9月1日号

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月13日号

お問い合わせ

外部リンク