横須賀版 掲載号:2017年11月3日号
  • googleplus
  • LINE

鷹取山自然観察会の世話人代表で、2冊のガイド本を作成した本多 久男さん浜見台在住 69歳

学んで守る里山の将来

 ○…自宅のある浜見台から、国道16号線を挟んで鷹取山の丘陵が見渡せる。歩いても5分ほど。「今は野菊の時期。一番好きな花かな」と穏やかな表情。観察会を立ち上げて7年、「身近にある自然をもっと知ってもらいたい」と春夏・秋冬2冊のガイド本にまとめた。

 ○…横須賀で居を構えたのは80年代。開発が進む中で「ずいぶん山、坂が多いな」という印象だった。県の機関で環境教育に携わっていたが、専門は化学系。自然観察指導員の研修を受けたことを機に、自分の暮らす町の「里山」へと足を向けた。「その場所の専門家―『トコロジスト』という考え方があって。地域を広い視点で見渡せる人に」との思いが強くなっていた。色や形、生態の不思議・面白さだけでなく帰化植物の増加や希少種の減少。「歩く度に発見がある」。植物相の変化に触れ、保全という視点の必要性も感じた。まずは「写真で残そう」といち早くホームページを開設。約20年間で動植物合わせて、延べ700種近く。1種あたりの写真は数点。季節や種類・色別に分類し、撮影日時や和名・学名も掲載するなど、丁寧な造りに人柄が滲む。

 ○…観察を続ける仲間に呼びかけて会を発足。環境省のモニタリング地の1つとして植物・蝶などの調査を定期的に行う。月1回の自然観察会では、自作のイラストで説明することも。公園掲示板のポスター、手作りの樹木板には花の咲く時期や特徴も書いてある。興味が湧く”仕掛け”の数々。「小さなことばかりだけど積み重ねれば成果になる」。会報作りやホームページの更新など、家族からは「大変そう」と言われるも「好きなことができている」と表情が和らいだ。

 ○…ガイド本の初めに、「保全を考えるためには、人と自然との関わりや仕組みを理解することが大切」と記した。知る・学ぶから「守る」へ―。”自然観”を育む活動を通して、次世代に誇れる里山となることを願っている。

横須賀版の人物風土記最新6件

仲山 慶さん

DJとして、まちおこしイベントの企画に携わった

仲山 慶さん

11月10日号

塚原 小太郎さん

今月29日の「横須賀トモダチジャズ2017」に出演する

塚原 小太郎さん

10月27日号

阿部 志郎さん

県立保健福祉大学の初代学長で、50年間にわたり福祉の現場と教育に尽力したパイオニア

阿部 志郎さん

10月20日号

富澤 喜美枝さん

横須賀建築探偵団の代表で今月14日、「万代会館を寿ぐ」と題した催しを行う

富澤 喜美枝さん

10月13日号

渡邊 達徳さん

今月7日、ヨコスカ・ベイサイド・ポケットでソロリサイタルを催す

渡邊 達徳さん

10月6日号

大澤 貴行さん

VRの伝道師として市内初のVRカフェをプロデュースする

大澤 貴行さん

9月29日号

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク