横須賀版 掲載号:2017年11月10日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

「ドライマウス」の症状を解説神奈川歯科大で市民公開講座

 「口の中がパサパサしている、ネバネバが続く」「乾いた食べ物が飲み込みづらい、味が分からない」「口臭が強くなった」「頻繁に喉が渇く」――。

 これらは、唾液の分泌が減り、口の中が乾く『ドライマウス』の症状のひとつ。重症になると、舌が痛み、虫歯や歯周病など口腔疾患につながる恐れがあるという。その原因は多種多様。加齢に伴う唾液の減少だけでなく、生活習慣や薬の副作用、さらに「シェーグレン症候群」などの症状で併発するケースもある。

 そこで、神奈川歯科大学小講堂を会場に12月3日(日)、ドライマウスに悩む人のための「市民公開講座」が開催される。同大学附属病院の口腔外科准教授の岩渕博史氏が「ドライマウスは万病のもと」をテーマに、その症状や治療法、日常生活での注意事項などを分かりやすく解説する。

 参加無料。事前申込不要、当日直接会場へ。

 問い合わせは、横須賀市歯科医師会【電話】046・823・0062

ドライマウスに悩む方のための市民公開講座

日本化薬株式会社 ドライマウス情報サイト

http://www.drymouth-info.net/

横須賀版のピックアップ(PR)最新6件

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク