横須賀版 掲載号:2017年11月10日号
  • googleplus
  • LINE

カレー、麺、食体験などふるさと名品に光44部門でエントリー募集

経済

 民間企業が主体となって、地域に眠る名品とそれを支える人たちの取り組みに光を当て「2017年度 ふるさと名品オブ・ザ・イヤー」のエントリーが始まった。 

 メディア、旅行会社、食品会社などがテーマ別にユニークな部門を設けており、「地域振興麺」「世界に届けたい日本の逸品」など全部で44部門ある。各部門にスポンサー企業が付いており、独自に表彰を行い、受賞商品の市場開拓や”ファン化”を支援していく。

 ケーブルテレビのJ:COMでは、「お土産にしたい地元名品」「また行きたくなる『おもてなし』」「ふるさとカレー」の3つの部門で募集を行っている。

 昨年度のJ:COM部門賞には、逗子市のカフェ「KopiLuwak」がアカモクを用いて開発した商品「Seegrasアカモクハンド&ボディジェル」が選出されている。

 詳細は公式サイト(【URL】https://furusatomeihin.jp/)で確認。エントリーは12月11日(月)締切。

横須賀版のローカルニュース最新6件

永遠の"野球少年"

いきいきシニア「元気の源」は OverAge 若さの秘訣

永遠の"野球少年"

11月17日号

ドラマ化「機運高めたい」

おいしいだけじゃない

若手農家×薬膳

おいしいだけじゃない

11月17日号

相続相談の総合窓口

目印は潜水艦

目印は潜水艦

11月17日号

快眠とストレスケア

市薬剤師会の健康講座

快眠とストレスケア

11月17日号

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク