三浦版 掲載号:2015年6月26日号

城ヶ島キャンプ場

資金不足で開業足踏み 社会

コールマンの直営断念

工事が進むキャンプ場計画予定地
工事が進むキャンプ場計画予定地
 神奈川県の交付金を受けて城ヶ島と三崎地域で進められている「新たな観光の核づくり認定事業」。事業計画の1つで、今春開設だった民間企業によるオートキャンプ場の直営整備を断念していたことが、今月16日の三浦市議会本会議で分かった。同事業と並行して島内に整備中だった海上釣り堀はまもなく完成し、来月25日(土)に開業する予定。

 県立城ヶ島公園内ユースホステルの跡地に、アウトドア用品の製造販売会社「コールマンジャパン(株)」が整備を行っていたオートキャンプ場。これまで同社の直営施設として今年春の開業予定で進められてきたが、単独での整備を断念する意向を示していることが明らかになった。

 これらは神奈川県の認定を受け、横浜・鎌倉・箱根に次ぐ”第4の国際観光地”をめざして城ヶ島・三崎地域で計画が進む「ホテルになった村構想と医療、グリーンツーリズムによる新たな観光の核づくり事業」に基づいて実施しているもの。オートキャンプ場の整備は同事業のアウトドア構想の一つで、当初は昨年度中の完成を予定していたが、関係先との調整協議に時間を要すなど難航。工期の遅れを受けて、今春のオープンをめざしていた。

 今月16日に行われた三浦市議会本会議で、木村謙蔵議員(無所属)が事業の現況と今後の動きを質問。担当部局の市経済部長は「昨今の為替の変動に伴い、キャンプ場の整備に関する新規の投資が困難となったと聞いている」と答弁。「コールマン直営による整備を断念せざるを得なくなった」と述べた。しかし「今後も協力事業者として支援する方針は変わらず、オートキャンプ場の早期実現に向けて協議を続ける」とし、事業継続する旨を強調した。

 続く草間道治議員(みうら市政会)も同事業について質問。市はすべての計画実施に「構想上で約220億円が必要」とした上で、民間資本導入に苦慮している状況を説明した。また、最大の課題されるのがホテルの誘致。事業の共同提案者の「(株)プラネット社」が調整を担当しているが、契約には至っていない。大きな民間資本の誘導に、市は「まず事業者が参入しやすい環境を作る。城ヶ島の魅力・付加価値を高めていなかなければ」と回答。現在、進められている海上釣り堀などのアウトドア構想を軌道に乗せ、「残るホテル誘致や温泉施設の整備を実現させたい」としている。

釣り堀は来月オープン

 オートキャンプ場整備と並行して進められている、海上釣り堀「城ヶ島J’sフィッシング」は、7月25日(土)にオープンを迎える。

 城ヶ島区と民間企業「(株)城ヶ島」が運営するもので、メインターゲットはファミリー層。縦30m×横15mの2つを組み合わせた形で、一度に60人がゆっくり釣りを楽しむことができる。料金体系は最終調整段階だが、入場料と遊漁料の別徴収を検討。午前と午後の入替制で、時間帯によって料金が変わるシステムを取るという。

 また、同施設にはマリンステーションの機能も持たせる方向で、三崎からの渡船やダイビング船の発着所として想定。市は既存のレンタサイクルとあわせて周辺の回遊性を高めたい考え。

三浦版のトップニュース最新6件

県未病センターに認証

三浦市社協

県未病センターに認証

1月13日号

6割が「統合やむを得ず」

小学校適正規模調査

6割が「統合やむを得ず」

1月13日号

“ロケのまち”で地域振興

3期集大成「全力で前進」

在宅医療推進に専門職連携

給付型奨学金を創設

三浦市

給付型奨学金を創設

12月16日号

関連記事(ベータ版)

三浦版の関連リンク

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

大迫力のサウンド披露

大迫力のサウンド披露

4月2日、定期演奏会

4月2日~4月2日

三浦版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年3月24日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/