三浦版 掲載号:2017年2月24日号
  • googleplus
  • LINE

J-NETWORKスーパーバンタム級王者で、明日25日に防衛戦に挑む

渡邊 優太さん

諸磯在住 26歳

静かに燃やす勝ちへの執念

 ○…「ただ目の前の試合に勝つだけ」。明日25日に迫った2度目のタイトル防衛戦。静かに闘志を燃やし、挑戦者を迎え撃つ時をじっと待つ。ムエタイとキックボクシングのスーパーバンタム級国内王者で、2011年のデビューから30戦22勝5敗3分。ライバルたちを退けて、14年から土つかず。連勝記録やチャンピオンとしての気負いはなく、「純粋に戦うことが好きなんです」と相好を崩す。

 ○…幼稚園から地元クラブチームに入り、20歳までサッカー一筋。格闘技は専ら見る側だったが、趣味としてスポーツジムのキックボクシング教室に通い始めたことで新しい世界が見えた。初めての試合は見事白星。リングに立った時の高揚感と勝利の達成感は何ものにも代えがたく、一気に引き込まれたという。「プロを目指してみないか」。その後、スカウトを機に一転、プロ格闘家への道を踏み出し、現在はタイの国技として知られるムエタイに打ち込んでいる。

 ○…「1対1の駆け引きが魅力」。1ラウンド3分という限られた時間のなかで多彩な技を操り、相手をいかに出し抜けるか。ただ殴り合い、蹴り合うのではなく、心理・頭脳戦が面白い。反骨精神は高みへ上るバネに、経験は成長の糧に。減量や練習など己を厳しく律する環境に身を置く分、結果を求める気持ちは自然と膨らみ、ファイターとしての矜持を支えている。

 ○…平日は横浜市内で電気工として勤務し、就業後と休日に横須賀のムエタイジムで鍛錬を積む。強靭な肉体から次々と繰り出されるパンチや蹴り、鋭い眼光で対戦相手を圧倒するが、ひとたびリングを降りると気迫あふれる勝負師の顔は鳴りを潜め、謙虚で礼儀正しい好青年の様相。地元サポーターの声援にも「負けられない。勝って恩返ししたいという思いが強い」と感謝の念を語る。「まずはしっかりと防衛し、2017年のいいスタートを切りたい」

関連記事powered by weblio


三浦版の人物風土記最新6件

脇坂 清子さん

10/16に初声市民センターで朗読会を開く「ひばりの会」代表の

脇坂 清子さん

10月6日号

青木 眞澄さん

10月6日から洋裁やパッチワークなどの作品展を行う

青木 眞澄さん

9月22日号

下里 大樹さん

明日9日に行われる「エムタウンフェスティバル」の実行委員長を務める

下里 大樹さん

9月8日号

高梨 雅人さん

三浦半島食彩ネットワークの会長を務める

高梨 雅人さん

8月25日号

高徳 えりこさん

戦争の語り部として平和啓発活動を行う

高徳 えりこさん

8月4日号

上村 雅幸さん

三浦海岸サーフライフセービングクラブの会長を務める

上村 雅幸さん

7月21日号

三浦版の関連リンク

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年10月6日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク