三浦版 掲載号:2017年7月21日号
  • googleplus
  • LINE

三浦かぼちゃ限定メニューで産地PR県内22店の味自慢が創作

社会

三浦市内で提供されているかぼちゃグルメ
三浦市内で提供されているかぼちゃグルメ
 三浦かぼちゃの消費促進をめざしたグルメイベントが、三浦半島地域を中心とした22の飲食店で8月18日(金)まで開かれている。県や生産者団体からなる「かながわブランド振興協議会」が農産物のPRを目的に主催した催しで、和洋折衷の創作メニューを期間限定で提供。「名産を美味しく楽しみながら、三浦半島の魅力も知ってもらえたら」と県担当者は話している。

 6月から8月が旬の三浦かぼちゃは今が収穫の最盛期。温暖な気候で三浦独自の有機質肥料(ぼかし堆肥)を使って栽培し、通常35日程度で収穫できるものを、さらに10〜15日かけて畑で十分に完熟させて作ることから「こだわりかぼちゃ」と呼ばれ、市場で高い評価を得ている。栗のようなホクホクとした食感と甘み、カロテンなど栄養価の高さが特徴で「かながわブランド」にも登録されている。

農業・観光振興めざし

 「三浦かぼちゃグルメ&スイーツフェア2017」と銘打ち、今月18日から22の飲食店や小売店でスタート。三浦市内からは4店舗が参加している。「くろば亭」と「さかな料理まつばら」は、三浦名物のマグロと合わせたオリジナルコロッケをそれぞれ考案。「斉藤菓子店」はかぼちゃ餡をバター風味の生地で包んだ菓子、「マホロバ・マインズ三浦」では豊かな甘さを活かしたスイーツのような茶碗蒸しなどを提供している。そのほかにも、パスタや餃子、ケーキといった趣向を凝らした多彩な料理を用意した。

 昨年に続いて2回目の開催となる今回は、提供する飲食店をあえて三浦半島を中心に設定。ご当地料理と位置づけることで「グルメを目当てに足を延ばしてもらうことで、地域の盛り上げに一役買いたい」と県農政課の担当者は話す。観光振興にも結びつけようと三浦半島観光連絡協議会「LAUMI」と連携。ホームページなどで積極的に情報発信を行っており、農業と観光産業の活性化につなげたい考えだ。また、地元事業者への普及にも期待。「調理方法のバリエーションの豊かさや地域農業について目を向けるきっかけになれば嬉しい」と話した。

 かながわブランドサポート店の(株)京急ストアでは、県内39店舗で三浦かぼちゃを販売しているほか、京急百貨店では親子料理教室を開催(今日21日申込み締め切り)し、PRを行う。

三浦版のトップニュース最新6件

手づくり小物で社会貢献

南下浦中ハンディクラフト部

手づくり小物で社会貢献

11月17日号

「三浦の自転車旅」 学生考案

全国優勝に貢献

海外町在住中野さん

全国優勝に貢献

11月3日号

台風でダイコン生産被害

地域と祝う50年の節目

名向小学校

地域と祝う50年の節目

10月20日号

介護施設を寺子屋に

スマイル住まいる三浦

介護施設を寺子屋に

10月20日号

三浦版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「あめや踊り」上演

「あめや踊り」上演

26日、民俗芸能祭に参加

11月26日~11月26日

三浦版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク