三浦版 掲載号:2017年8月25日号
  • googleplus
  • LINE

城ヶ島イセエビ漁が口開け初物求める買い物客も

社会

 城ヶ島では今月初旬から名産のイセエビ漁が口開け(解禁)を迎え、水揚げが始まった。

 200キロ近い水揚げがあった今年の解禁日。現在は1日70〜100キロほどに落ち着いており、量こそ例年より少ないが品質は上々だという。

 城ヶ島漁業協同組合の直売所の生け簀には、水しぶきをあげて元気よく泳ぐ赤々としたイセエビがずらり=写真。新鮮な天然の味を求めて遠方から訪れる買い物客の姿もあった。

 同漁協ではアイゴやムラサキウニが海藻を食べつくす磯焼けと呼ばれる食害被害に直面。イセエビの生育に重要な藻場の消失危機に瀕したが、近年、地元ダイバーとの連携で駆除に乗りだし、個体数減に奏功。カジメをはじめとする藻場は徐々に回復の兆しを見せており、漁協関係者は今後の漁獲量増加へ期待を寄せている。

三浦版のローカルニュース最新6件

三浦版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「あめや踊り」上演

「あめや踊り」上演

26日、民俗芸能祭に参加

11月26日~11月26日

三浦版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク