三浦版 掲載号:2017年9月8日号
  • googleplus
  • LINE

明日9日に行われる「エムタウンフェスティバル」の実行委員長を務める下里 大樹さん宮川町出身 29歳

考えるよりまず行動

 ○…「自分の生まれ育った街を盛り上げたい」。明日9日に開かれる「エムタウンフェスティバル」の企画立案は、そんな純粋な思いからだった。自身を駆り立てた情熱は同志たちに伝わり、やがて1つの輪となった。食、音楽、文化、多種多様なコンテンツが畑という”三浦ならでは”の会場で一堂に会するイベントは、どのような化学反応を起こすのか。楽しみで待ちきれないとばかりに笑顔をこぼした。

 ○…実家は宮川町で200年以上続く農家。その長男として生を受けたが、「自分が熱中できるものをやったらいい」との両親の理解もあり、趣味だったDJを生業にする道を選んだ。物心ついた頃から何事にも迅速果断な性格。案ずるより産むが易しと、見聞を広げるために2010年頃からオーストラリアやカナダ、ジャマイカなどへ渡り、現在は活動拠点をロンドンに置く。腕一本で生計を立てるのは容易ではないが、やりがいはそれ以上。音楽が生み出す一体感にずっと魅せられている。

 ○…日本を長らく離れたことで、故郷三浦の存在がより大切なものと気づき、アイデンティティであると確信した。「食べ物が美味しく、温暖な気候と自然、伝統。そして団結力の強さは自慢できる」。人口減少や少子高齢化、地域経済の衰退など暗い話題も多いが、街としての一体感や絆を絶やしてはならないと語気を強める。

 ○…開催に際し、協力や出店を要請するため、友人知人へ声を掛けて回ったときのこと。「『面白そうなイベントを先に企画されて悔しい』って言ってもらえたんです」と誇らしげに振り返る。街のため、同じ志に突き動かされている人がいることに嬉しさを感じたという。座右の銘は「実行なき者に成功なし。故に、夢なき者に成功なし」(吉田松陰)。たとえ夢物語と言われても、やってみなければわからない。明日は夢への大きな1歩だ。

三浦版の人物風土記最新6件

石渡 啓人さん

小網代の農業後継者グループ「みどり会」の代表を務める

石渡 啓人さん

11月17日号

石村 久仁子さん

鎌倉彫後藤会の専任教授で、市民工芸講座を開く

石村 久仁子さん

11月3日号

前山 裕治さん

今年創立50周年を迎えた市立名向小学校のPTA会長を務める

前山 裕治さん

10月20日号

脇坂 清子さん

10/16に初声市民センターで朗読会を開く「ひばりの会」代表の

脇坂 清子さん

10月6日号

青木 眞澄さん

10月6日から洋裁やパッチワークなどの作品展を行う

青木 眞澄さん

9月22日号

高梨 雅人さん

三浦半島食彩ネットワークの会長を務める

高梨 雅人さん

8月25日号

三浦版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「あめや踊り」上演

「あめや踊り」上演

26日、民俗芸能祭に参加

11月26日~11月26日

三浦版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク