三浦版 掲載号:2017年10月6日号
  • googleplus
  • LINE

市内海水浴場

来場者が51万人超

社会

悪天候響くも2%増

久々の晴れ間に客足が出た8月上旬の三浦海岸
久々の晴れ間に客足が出た8月上旬の三浦海岸
 三浦市は先月25日、今シーズンの市内5つの海水浴場入込客数を発表。前年に比べ、1万1248人(約2・2%)の増加となる51万2808人だった。長雨や日照不足など天候不順に見舞われ、繁忙期の客足の落ち込みはあったものの、海水浴以外の多彩なプログラムが一定の集客に繋がったことで最終的に復調したと見られる。

 東日本の太平洋側を中心に天候不順となった今夏。7月中は晴天が続く夏らしい日もあったが、8月に入ると勢力の強い台風5号が日本列島に停滞。梅雨が戻ってきたかのような曇りや雨が長引き、日照時間の短い日が続いた。

 海水浴場別にみると三浦海岸が41万300人、大浦1万1818人、荒井浜3万9900人、横堀7226人、和田4万3564人が来場(市観光商工課発表)。なかでも、例年より長い6月30日から9月10日までの73日間開かれていた三浦海岸海水浴場では、毎年恒例となっている京浜急行電鉄の企画乗車券「みうら海水浴きっぷ」の売り上げが今夏も好調で、昨対比約1割増。家族連れに人気の高い水上アトラクション「三浦海岸ウォーターパーク」の利用者も昨年度の約6900人に対して、44日間で約8800人。およそ1・3倍まで増えた。

新たな目玉で誘客

 今年は新たな試みとして、2005年に逗子海岸で始まったライブハウス「OTODAMA SEA STUDIO」や、海の家「LINEバイトオファーハウス」が出店。特にOTODAMAのライブには、人気ミュージシャンやお笑い芸人などが日替わりで出演し、県内外から若年層を中心に約3万人の来場があったという。

 そのほかにも、ビーチバレーボールや水鉄砲大会、巨大砂山イベント、スタンドアップパドルサーフィンやヨガなど砂浜を活用した各種マリンレジャーが活況だった。

 懸念されていた騒音への苦情は比較的少なく、「平日休日問わず、海水浴だけではない多彩なプログラムを楽しめたことが集客に奏功したのでは」と地元関係者は話している。

関連記事powered by weblio


三浦版のトップニュース最新6件

地域と祝う50年の節目

名向小学校

地域と祝う50年の節目

10月20日号

介護施設を寺子屋に

スマイル住まいる三浦

介護施設を寺子屋に

10月20日号

施設移転を陳情

学童クラブひまわり

施設移転を陳情

10月6日号

一夜限りの野外映画館

統合で「三浦初声高」へ

県立高校再編

統合で「三浦初声高」へ

9月22日号

畑の中心で野外フェス

三浦版の関連リンク

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年10月20日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク