三浦版 掲載号:2017年10月20日号
  • googleplus
  • LINE

名向小学校地域と祝う50年の節目10月28日に記念式典

教育

ステージ本番に向け、子どもたちの練習にも熱が入る
ステージ本番に向け、子どもたちの練習にも熱が入る
 今年4月に創立50周年を迎えた市立名向小学校(小泉修校長)で、10月28日(土)に記念式典が催される。また、PTAを中心とした実行委員会が同23日(月)から5日間、「50周年ウィークイベント」と題し、多彩な校内プログラムを企画。地域住民への参加を広く呼び掛け、節目を祝う。

 名向小学校は1967年4月に開校。おもに諸磯、小網代、六合を学区に、ピーク時には全校で800人を超える児童が通学していたが、少子化などの影響で現在は約270人が在校する。卒業生には、プロ囲碁棋士として活躍する常石隆志さんがいる。

 今回、50周年の節目を迎えるにあたり、歴代のPTA会長や現役員、教員らが一丸となって記念事業実行委員会を発足。準備を進めるなか、2012年から事業の一環として、バザーや模擬店、ステージ発表を交えたイベント「名向祭り」を開催し、祝賀の機運を高めながら、子どもたちへ配布する記念品や記念誌、遊具などに充てるための寄付を募ってきた。

全校児童がステージ

 式典当日の目玉は、全校児童による音楽劇「つながる輪〜名向と人と海と」のステージ(保護者向け事前公開は26日(木)午前10時40分から実施)。「ちびっこカムのぼうけん」を下敷きに、物語の途中で主人公のカムが小網代の森や相模湾をめぐり、生き物とふれあい、自然の素晴らしさを知る―というアレンジを加えた。群読や合唱・楽器演奏のほか、学習成果発表や森に生息するチゴガニになりきるダンス、火の山をイメージした集団行動など約50分の大作。小泉校長は「練習を重ねた子どもたちの姿をぜひ見に来てもらえたら」と話している。

 また、10月23日(月)から27日(金)には、一般参加も可能なイベントを開催する=右表参照。

 詳細は同校【電話】046・881・6141

三浦版のトップニュース最新6件

手づくり小物で社会貢献

南下浦中ハンディクラフト部

手づくり小物で社会貢献

11月17日号

「三浦の自転車旅」 学生考案

全国優勝に貢献

海外町在住中野さん

全国優勝に貢献

11月3日号

台風でダイコン生産被害

介護施設を寺子屋に

スマイル住まいる三浦

介護施設を寺子屋に

10月20日号

来場者が51万人超

市内海水浴場

来場者が51万人超

10月6日号

三浦版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「あめや踊り」上演

「あめや踊り」上演

26日、民俗芸能祭に参加

11月26日~11月26日

三浦版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク