三浦版 掲載号:2017年11月3日号
  • googleplus
  • LINE

最後の”農高祭”来年度、統合で新校へ

教育

生産物を手にPRする川上さん=写真左=と福本さん=同右=
生産物を手にPRする川上さん=写真左=と福本さん=同右=
 「県立平塚農業高校初声分校」は、11月18日(土)に農高祭を催す。

 学習の一環で栽培した農作物の販売など日ごろの成果の展示発表の場として開かれる学校祭。来年度から県立三浦臨海高と統合するため、同校としての農高祭は今年が最後となる。

 当日は、農業実習で丹精込めて栽培したシクラメンのほか、ダイコンやハクサイ、ミカンなどを販売。今夏の日照不足や先月発生した台風などの天候不順により、例年より生育が芳しくないというが、「ぜひたくさんの人に買ってもらい、学校の良さを見てほしい」と花苗栽培担当の福本倖子さん。

 模擬店では、PTAによるおでんや関口牧場(横須賀市)のアイスクリーム、石焼イモなどを販売。これらの収益の一部は、東日本大震災の被災地へ義援金として寄付される。また、書道・絵画・写真作品を展示。ステージでは、教員らで構成するバンド演奏もある。実行委員長の川上桃花さんは「地域の卒業生の先輩方にも遊びに来てもらえたら」と呼び掛けている。

 午前10時から午後3時。入場自由、校内に駐車場なし。詳細は同校【電話】046・888・1036

三浦版のローカルニュース最新6件

三浦版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「あめや踊り」上演

「あめや踊り」上演

26日、民俗芸能祭に参加

11月26日~11月26日

三浦版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク