三浦版 掲載号:2017年11月3日号
  • googleplus
  • LINE

ソレイユの丘ゴンドラから相模湾の絶景高さ31m 観覧車が始動

社会

園内の一角に「ミニ遊園地」が登場。ファミリー世代の集客強化が狙い
園内の一角に「ミニ遊園地」が登場。ファミリー世代の集客強化が狙い
 長井海の手公園「ソレイユの丘」(横須賀市長井4丁目)に、高さ31mの観覧車を目玉とする遊具施設が設置され、先月25日から運行が開始された。関係者を集めてセレモニーも開かれた。

 若いファミリー世代の誘客を狙ったもので、指定管理者の長井海の手公園パートナーズの自主事業として運営される。メリーゴーランド、フロッグホッパー、ダイバーシューターもお目見え、園内の一角がさながら”ミニ遊園地”となった。

 観覧車は三浦半島で唯一。12の星座と惑星の紋様が描かれたゴンドラが16基あり、約6分かけて1周する。収容人数は64人。相模湾、伊豆半島を一望できるほか、条件が整えば富士山も望めるという。観覧車の利用料金は高校生以上620円、3歳から中学生まで310円。そのほかの遊具は3歳以上310円。

 同公園は昨年、巨大海賊船を模した大型遊具「ソレイユ☆パイレーツ」を市が整備、今年4月からオートキャンプ場もオープンしており、施設の魅力度アップが図られている。年間の来場者数70万人は市内の観光施設で最大。

 今月末には園内から長浜海岸へとつながる散策路も開通する見通し。磯遊びや生物観察などのレジャー利用だけでなく、緊急時の避難経路としても使用される。

三浦版のローカルニュース最新6件

三浦版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「あめや踊り」上演

「あめや踊り」上演

26日、民俗芸能祭に参加

11月26日~11月26日

三浦版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク