三浦版 掲載号:2017年11月3日号
  • googleplus
  • LINE

認知症支える地域の目新聞配達員がサポーターに

社会

オレンジリングを受け取る高梨社長=写真左=
オレンジリングを受け取る高梨社長=写真左=
 地元に精通した新聞配達員が、地域を見守るサポーターに―。原町の「小鳥遊(たかなし)新聞舗」(高梨巌社長)で先月19日、従業員を対象とした「認知症サポーター養成講座」が行われた。

 「顧客の多くが高齢者。新聞配達や集金で訪問する際、『これは』と思う場面が散見され、正しい知識を持つ必要性を感じた」と高梨社長は出張講座を依頼した経緯を話す。

 この日は「地域包括支援センターおまかせ」職員の認知症地域支援推進員と保健師が、おもな症状や予防法、コミュニケーションの心得などを紹介。グループワークでは、購読契約や支払い、家族との関わり方など勤務時に感じた不安の声が寄せられた。「付き合いの長いお客さんだと異変に気づきやすいが、どこにどう相談していいか分からなかった」と参加者の1人は話し、「困ったことがあれば地域包括支援センターを頼ってほしい」と職員は呼び掛けた。

 講座修了後には、サポーターの印となる「オレンジリング」が手渡されると、高梨社長は「理解を深めることができた。今後、地域貢献につなげていきたい」と話した。

 認知症サポーター養成講座は、厚生労働省が推進する事業の1つで、認知症の人やその家族を地域で見守り、支援する仕組みづくりをめざし、日本各地で取り組まれている。

 三浦市内でも事業所ほか、小学校や薬剤師会などでも講座が行われ、全国キャラバン・メイト連絡協議会の発表によると、約2400人のサポーターがいる(9月末現在)。

三浦版のローカルニュース最新6件

三浦版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「あめや踊り」上演

「あめや踊り」上演

26日、民俗芸能祭に参加

11月26日~11月26日

三浦版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク