逗子・葉山版 掲載号:2015年12月18日号

葉山町

資源拠点、どうきれいに 社会

町民の知恵集め改善策

ワークショップでそれぞれの地域の課題や対策案について話し合う参加者(=14日、教育委員会研修室・会議室)
ワークショップでそれぞれの地域の課題や対策案について話し合う参加者(=14日、教育委員会研修室・会議室)
 葉山町で昨年6月から始まった家庭系ごみの戸別収集と資源物の拠点収集。導入から約1年半が経過し、成果や課題が見えてきた中、町は今後の対応策を町民を交えて検討しようと14日、町内会や自治会関係者らを招いたワークショップを開いた。今後意見や対策案をまとめ、来年2月頃に行う実証実験に生かす。

 町はごみの分別を徹底し、排出量削減を図るため県内では初となる無料の戸別収集を実施。分別品目を18から24に細分化したほか、収集コストを抑えるため町内約900カ所あった資源ステーションを半減させ、拠点回収を行っている。

 町環境課によると、導入後の1年間でごみの排出量は2010年度比約14%、1674tの減量化を達成。リサイクル率についても同年度比で40%を超えたという。その一方、分別品目とは異なるごみが捨てられていたり、一部では不法投棄とみられるものもあった。こうした課題解決のため、町は地元町内会や自治会と連携し8月に「葉山町きれいな資源ステーション協働プロジェクト」を発足。これまで2回の会合を設けたほか、157カ所のステーションを対象にモニタリング調査などを実施し、分別のマナー違反やポイ捨ての現状把握を行った。

 この日は町内会関係者のほか、収集業者やプロジェクトに協力するコンサルティング会社の担当者ら約50人が参加。調査では1カ月間で596個の不法投棄ごみがあったことや種類別の傾向などが報告され、参加者はグループごとに地域の課題や対応策について意見を交わした。

 参加者のひとりは「分別種目が分かりづらい。きちんと分けているにも関わらず、誤った収集日に出してしまっている人がいる」と指摘。対策案では「分別品目を写真入りでわかりやすく紹介する」「分別をもう少し簡略化する」「明らかなマナー違反を減らすため合同パトロールを実施する」「資源物も戸別収集に切り替える」などがあがった。

 町は今後、参加者の意見を踏まえながら対策を選定。その後一定期間試験的に実施することで効果を検証するとしている。

逗子・葉山版のトップニュース最新6件

フォロワー数全国3位に

葉山町

フォロワー数全国3位に

1月13日号

横浜市長選に出馬表明

元逗子市長長島一由氏

横浜市長選に出馬表明

1月13日号

病院誘致、全力で推進

新春市長インタビュー

病院誘致、全力で推進

1月1日号

強み伸ばす挑戦の年に

新春町長インタビュー

強み伸ばす挑戦の年に

1月1日号

2選手が全国大会で入賞

ヨットOP級

2選手が全国大会で入賞

12月16日号

運営法人、葵会に決定

逗子総合的病院

運営法人、葵会に決定

12月16日号

関連記事(ベータ版)

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月20日号

お問い合わせ

外部リンク