逗子・葉山版 掲載号:2016年12月2日号

東逗子地区商工連合会の会長を務める

高崎 誠治さん

逗子市沼間在住 70歳

賑わい創出コツコツと

 ○…駅前広場を彩る14万球の光の粒。東逗子の冬の風物詩として親しまれるイルミネーション点灯が今年も始まった。大勢が詰めかけた初日の会場。「東逗子が元気になるよう願いを込めた。今年も無事に明かりがついてほっとしているよ」と目を細める。地域の有志と育ててきたイベントも7回目を迎え、毎年市内外から多くの人が訪れる一大行事に成長した。

 ○…戦後高度経済成長期、駅を中心に栄えた東逗子地区。だが時代の移り変わりとともに商店の数は減り、最盛期5つあった商店会は今や2つまでに減った。衰退の一途をたどる地域に少しでも賑わいを取り戻そう――。イルミネーションの始まりはそんな商店主たちの思いからだ。当初は仲間内で電飾を持ち寄り、寄付も募りながら数千球からスタート。以降少しずつ数を増やしてきた。今でも設置は手作業で地域の有志やボランティアの協力を得ながら2カ月かけて完成させる。仕事の合間を縫って参加してきた自身も「大変だけど喜んでくれる人がいるからね。使命みたいな感じ」と笑みを覗かせる。

 ○…沼間で鮮魚店と料理店を営む「魚万」の2代目。高校を卒業と同時に家業に入り、父の背中を見ながら仕事を覚えてきた。以来半世紀、古希を迎えた現在も板場に立つ。「魚を食べる人は昔に比べると少ないけど、お客さんにはなるべく良い物を食べてもらいたい」。魚一つをとっても品質は様々。専門店として最高の味わいを届けることがモットーだ。

 ○…半世紀以上に渡ってまちの栄枯盛衰を目の当たりにしてきた。個人商店を取り巻く環境は依然厳しく、事態を好転させる特効薬はないのかもしれない。それでも知恵を絞りながら時代に向き合うことが一筋の光明になると信じている。地域ぐるみでは年3回の「ふれあい市場」に加え、新たに朝市も始まった。「お客さんとの触れ合いを大事にしながら、イベントも地道に育てていきたい」

逗子・葉山版の人物風土記最新6件

押川 哲也さん

特別養護老人ホーム「逗子ホームせせらぎ」施設長で市の男性向け介護講座で講師を務めた

押川 哲也さん

3月24日号

來島 和江さん

このほどアルバム「DEEP SPACE」をリリースするピアニスト

來島 和江さん

3月10日号

座間 太一さん

小坪漁業協同組合員で、14日に行われた「ワカメ収穫体験」を発案した

座間 太一さん

2月24日号

米村 拓夫さん

「なぎさマンドリンアンサンブル」の代表を務める

米村 拓夫さん

2月10日号

石坂 幸治さん

プロを目指す指揮者で、葉山の高齢者施設でボランティア演奏会を行っている

石坂 幸治さん

1月27日号

渡辺 理紗さん

一般社団法人「逗子葉山青年会議所」の第54代理事長に就任した

渡辺 理紗さん

1月13日号

関連記事(ベータ版)

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年3月24日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/