逗子・葉山版 掲載号:2016年12月16日号

元N響バイオリン奏者で「第3回 逗子第九演奏会」で指揮を務める

前澤 均さん

逗子市逗子在住 75歳

曲に息づく精神大切に

 ○…市民が主体となって3年ぶりに開かれる逗子第九演奏会。総勢200人近い管弦楽団と合唱団をまとめる指揮者としてタクトを振る。一週間後の本番を控え、練習も佳境。下は小学生から上は80代まで、音楽経験も様々なメンバーが一丸となって歓喜の歌を響かせる。「皆とても張り切っているからね。迫力ではプロにも負けない、熱気のこもった舞台になる」

 ○…元NHK交響楽団のバイオリニスト。60歳で退団するまで、世界の名だたる指揮者やソリストと演奏をともにしてきた。幾多奏でてきた曲目の中でも、第九への思いは格別。「演奏するたびに深さを感じるし、何度やっても素晴らしい」。だからこそ、指導する際に大切だと説くことがある。曲の中に息づく、作曲者の精神だ。第九はフランス革命後、貴族社会から市民社会への転換期に生まれた背景がある。そこにまつわる人々の不安や悲しみ、希望や喜び――。込められた意味を汲み取るか否かで音楽の形はがらりと変わる。「もちろん技術は必要だけど、一番は心。それはお客さんにも伝わることだから」と諭すように話す。

 ○…戦時中の空襲で都内から逗子に移り住んだ。音楽との出会いは小学生のとき。生まれつき足が不自由で運動が出来なかったこともあり、母の勧めでバイオリンを手にした。中高を経て東京藝術大学に進学し、卒業と同時にN響に入団。音楽家として成功する秘訣を尋ねられると「僕の場合は運だね。多少の努力はしたかもしれないけどさ」と屈託のない笑みを覗かせる。

 ○…弦楽四重奏団を主宰し、演奏家としても年に2回九州と東北を行脚するほか、後進の育成にも力を注ぐ。今回第九を演奏する湘南ユースオーケストラは平成元年の立ち上げから長年にわたって携わってきた。喜寿を控えても音楽家としてはまだまだ現役。「それが自分の生きる道だからね。これからも無理せず楽しみながら歩んでいきたい」

逗子・葉山版の人物風土記最新6件

來島 和江さん

このほどアルバム「DEEP SPACE」をリリースするピアニスト

來島 和江さん

3月10日号

座間 太一さん

小坪漁業協同組合員で、14日に行われた「ワカメ収穫体験」を発案した

座間 太一さん

2月24日号

米村 拓夫さん

「なぎさマンドリンアンサンブル」の代表を務める

米村 拓夫さん

2月10日号

石坂 幸治さん

プロを目指す指揮者で、葉山の高齢者施設でボランティア演奏会を行っている

石坂 幸治さん

1月27日号

渡辺 理紗さん

一般社団法人「逗子葉山青年会議所」の第54代理事長に就任した

渡辺 理紗さん

1月13日号

高崎 誠治さん

東逗子地区商工連合会の会長を務める

高崎 誠治さん

12月2日号

関連記事(ベータ版)

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年3月10日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/