逗子・葉山版 掲載号:2017年2月24日号
  • googleplus
  • LINE

小坪漁業協同組合員で、14日に行われた「ワカメ収穫体験」を発案した座間 太一さん逗子市逗子在住 51歳

新しいこと貪欲に

 ○…自らにとってシニア層は”人財”だ。考えたのは、逗子唯一の一次産業を広く市民に知ってもらうと同時に、実際に漁を体験してもらうことでその担い手を増やすこと。狙いはぴたりと的中。ワカメの収穫体験に参加した人の中から早速、関心を示す人が現れた。「逗子には元気なシニア層が多い。現場を手伝ってもらえば漁業の活性化になるし、参加者同士の輪も広がる」

 ○…5年前、組合の一般公募に応募し、漁師に。一方、津久井で正組合員の資格を持つ農家でもある。だが、本業は逗子でイタリア料理店「ラ・ヴェルデ」を営むオーナーシェフ。食材の生産から調理までを手掛ける、業界でも異色の存在だ。早朝の漁が一段落すると店に戻り、厨房を切り盛りする。ランチが終われば畑仕事をし、また店に。働き通しが辛くないかの問いには「全く苦にならない」とさらり。あすは海で何を獲ろうか。野菜は何を収穫しようか―。それを考えるだけで胸がはずむ。「運動会前の子どもと同じ。僕にとって料理以外は遊んでいるようなものだから」と目を輝かせる。

 ○…奔放な気質が、異国の地でもよく馴染んだ。調理学校を卒業後、19歳で単身イタリアへ。血気盛んで働いた店や住まいを追い出され、車中生活を送ったこともあるが不思議と辛いとは感じなかった。土産物店で営業マンとして勤務する傍ら指折りの名店を食べ歩き、イタリア料理の真髄を舌で覚えたことも。当時の記憶は今でも色褪せない。

 ○…新しいことや面白いことに貪欲な発想は周囲にも伝播する。漁師になって間もなく始めたワカメのつかみ取りは、今や組合や観光協会を巻き込んだ一大イベントに成長した。「良い意味で進化しないとね。来てくれた人にそれを実感させる自信はある」。最近は小坪産の海藻、アカモクを使って特産品を作る計画も進行中だ。「日常使いしてもらえて美味しくて、逗子と言えばこれと言えるものが作れたら」。アイデアは尽きない。

逗子・葉山版の人物風土記最新6件

矢島 明さん

11日から点灯が始まった東逗子イルミネーションの実行委員長を務める

矢島 明さん

11月17日号

ミネ シンゴさん

合同会社アタシ社代表社員で「第1回逗子ブックフェア」を企画した

ミネ シンゴさん

11月3日号

丸山 広宣さん

池田通り商店会の会長を務める

丸山 広宣さん

10月20日号

柴田“shiba” 雄一郎さん

「逗子アートフェスティバル2017」で総合プロデューサー・ディレクターを務める

柴田“shiba” 雄一郎さん

10月6日号

田牧 明花音さん

「愛顔(えがお)つなぐえひめ国体」の成年女子5000mW(競歩)に県代表で出場する

田牧 明花音さん

9月22日号

堀口 みどりさん

声楽家でコーラスグループ「ラ・リュミエール」の代表を務める

堀口 みどりさん

9月8日号

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク