逗子・葉山版 掲載号:2017年4月7日号

県立近代美術館 葉山

木彫の巨匠、作品にみる 文化

「砂澤ビッキ展」あすから

《北の王と王妃》砂澤ビッキ 1987年 神奈川県立近代美術館蔵 撮影:山本糾
《北の王と王妃》砂澤ビッキ 1987年 神奈川県立近代美術館蔵 撮影:山本糾
 戦後活躍した日本彫刻界の巨匠、砂澤ビッキ(1931─1989)の回顧展「木魂(こだま)を彫る―砂澤ビッキ展」があす4月8日(土)から一色の県立近代美術館葉山で始まる。6月18日(日)まで。

 砂澤ビッキは北海道旭川市でアイヌの両親のもとに生まれ、1950年代から60年代にかけてモダンアート協会展で活躍。その作風は大胆にして繊細、原始的にしてモダンで国際的な評価も高い。

 同展では、円熟期に入った70年代に制作された「木面」シリーズを始め、代表作の「TOH(トゥ)」、「風に聴く」など彫刻作品約20点を展示。アクリル絵画やデッサン約50点も加えることで、その創造の秘密を探る。

 開館は午前9時30分から午後5時(入館は4時30分まで)。入館料一般1200円。月曜休館。期間中は実際に作品に触れることができる鑑賞ツアー(4月15日ほか)や担当学芸員によるギャラリートーク(4月9日ほか)など関連企画も予定されている。また会期中、同館ではコレクション展「躍動する個性―大正の新しさ」を同時開催する。観覧料一般250円。

 問合せは同館【電話】046・875・2800

関連記事powered by weblio


逗子・葉山版のローカルニュース最新6件

侍ジャパン女子代表に

葉山巨人軍出身、金満さん(17)

侍ジャパン女子代表に

7月21日号

校長先生は

全10巻、完結

「正訳源氏物語」

全10巻、完結

7月21日号

憩いの場、装い新た

市役所内カフェ「青い鳥」

憩いの場、装い新た

7月21日号

夏告げるみこし渡御

文楽公演やコンサートも

関連記事(ベータ版)

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年7月21日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/