逗子・葉山版 掲載号:2017年4月21日号
  • googleplus
  • LINE

五感で楽しむ10日間 逗子海岸映画祭、28日開幕

文化

300インチのスクリーンで日ごとに各国の名作を楽しむ(写真は昨年/主催者提供)
300インチのスクリーンで日ごとに各国の名作を楽しむ(写真は昨年/主催者提供)

 今年も10日間だけの夢の空間が逗子海岸にあらわれる――。

 潮風と波音に包まれながら夕闇の砂浜で屋外上映を楽しむ「逗子海岸映画祭」が今年も4月28日(金)から10日間、逗子海岸を舞台に開幕する。今年も「地球と遊ぶ」をコンセプトに映画上映にとどまらず、海外の文化に親しめるイベントやワークショップなど様々な催しが繰り広げられる。

 300インチの巨大スクリーンやレストラン、異国情緒あふれるバザーに光輝くメリーゴーランド。普段何もない砂浜に映画館が整えられ、終了後はまた穏やかな海岸に戻っていく。突如出現してまた消えゆく、まさに夢のような空間だ。

 プロデュースするのは、写真家やミュージシャンなど地元クリエーターから成る「CINEMA(シネマ) CARAVAN(キャラバン)」(志津野雷代表)。毎年一から企画を練り上げ、設営や運営も仲間たちが担う。映画祭は2010年にスタートし、8回目。今やゴールデンウィークの恒例イベントとして定着し、昨年はのべ約1万5千人が訪れた。

 数年前からテーマの基軸にある「国際交流」。代表の志津野さんらが日本や世界を旅するなかで感じてきた人々との出会いや多彩な文化を体現する。親交のあるスペイン・バスク地方から料理人が来日し本場の料理を振る舞うほか、インドネシアのアーティストらによる持ち込み企画もある。「ここでしか出会えない人や異国の文化と触れ合って”旅”を体感してもらえれば」と志津野さん。

 上映作品は日替わりで「フォレスト・ガンプ 一期一会」(28日)「ペレ 伝説の誕生」(30日)「時をかける少女」(3日)など。

 5月7日(日)まで。小雨決行、荒天中止。午前11時開場、上映は午後7時から(平日は3時開場)。入場料は一般1500円、高校生以下無料。逗子市民は500円(身分証明書要提示)。イベント詳細はHP(「逗子海岸映画祭」で検索)まで。
 

逗子・葉山版のローカルニュース最新6件

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月15日号

お問い合わせ

外部リンク