逗子・葉山版 掲載号:2017年6月9日号

「大きくなってね」 教育

児童らが稚魚放流

マコガレイの稚魚を放流する子どもら
マコガレイの稚魚を放流する子どもら
 葉山町の森戸海岸で先月27日、地元の未就学児や小学生ら約360人がマコガレイの稚魚千匹を放流した。参加した子どもらは「大きくなってね」「また帰ってきてね」と願いを込めながらバケツを傾けた。

 子どもたちに豊かな自然に触れてもらおうと町が主催した「海山に育ち親しむ子どもたち」の一環。子どもたちは浜からバケツを運び、5cmほどの稚魚が躍り出ると指をさしたり、砂に隠れるのを見守ったり。参加した小学2年生の女の子は「小さくてかわいかった。元気に育ってくれたらうれしい」と目を細めていた。

 この日は潮干狩り体験やタッチプールも用意され、参加者は晴天のもと、思い思いに初夏の一日を楽しんでいた。

関連記事powered by weblio


逗子・葉山版のローカルニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年6月23日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/