逗子・葉山版 掲載号:2017年6月9日号
  • googleplus
  • LINE

葉山町空手道協会 6選手が全国・関東へ 大会前に町長を訪問

スポーツ

メダルを手に結果を報告した選手ら
メダルを手に結果を報告した選手ら
 葉山町空手道協会(平泉忠廣会長)所属の6選手が5月に寒川町で行われた「県少年少女空手道選手権大会」で優秀な成績を収め、計6選手が関東大会行きを決めた。うち1選手は全国大会にも出場する。6日、町役場を訪れ、山梨崇仁町長らに結果を報告した。

 7月の関東大会に出場するのは、春山港月(こうき)くん=長柄小4年=、千葉海瑠(かいる)くん=上山口小5年=、今井大翔(ひろと)くん=同3年=、千葉瑠杏(るあ)さん=同1年=、倉品こころさん=今宿小6年=、松本晃奈(あきな)さん=清泉小3年。6選手はいずれも県大会で関東出場要件の5位以内に入賞した。今井くんと倉品さんは組手、4人は形で試合に臨む。

 町長室を訪れた選手らは得意の形や技を山梨町長に紹介。山梨町長は「みなさん葉山の代表。応援しているので、頑張って楽しんできてほしい」と激励した。県大会で準優勝を収め、8月の全国大会にも出場する春山くんは「初めてで緊張するけど、優勝を目指して頑張りたい」と意気込みを語った。平泉会長は大会の結果を受けて「競技の普及にも繋がる。とても喜ばしい」と話した。

逗子・葉山版のローカルニュース最新6件

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月1日号

お問い合わせ

外部リンク